インストラクター活動紹介・資格活用事例紹介

当協会のインストラクターが一堂に会する『日本アタッチメント育児協会 全国大会』にて
発表されたインストラクターによる活動報告をご覧いただけます。

  • 産婦人科医院 看護師

    すぎはら 美さん

    あなたもロボットになれる 坂本 慎太郎さん

    杉原さんは、産婦人科医院で看護師として勤務し、この医院に通うマタニティ期から産後までの親子に対して、母親教室やベビーマッサージ教室を開催しています。

    詳細はこちら

  • 大学講師

    かわしま 美さん

    オリジナルアルバムまだですか? PUNPEE from PSGさん

    看護師養成や保育士養成を行う多くの大学は、地域貢献の目的で子育て支援活動をしています。この活動の一環として、川島さんは子育て支援団体を立ち上げました。

    詳細はこちら

  • 療育センター 園長

    ぐら 輝てるひさ さん

    小倉輝久さん

    療育センターで園長をされている小倉さんは、発達に支援を必要とする子どもとその家族が取り組むことのできる営みとして、ベビーマッサージを取り入れています。

    詳細はこちら

受講生の声

実際に受講された方々の受講後の感想をご紹介させていただきます。

親が、正しい知識をもって、子どもの成長をみれるということの大切さを再認識しました

続けて受講できて、よかったと思います。0~3才、3~6才 重なる部分もあり、莫大な内容でもあり、まだまだ整理できておらず、頭パンパンですが、自分の子どもの発達と照らし合わせることができるので、よかったし、先生から自分の気づいていない所、注意が必要な所なども言っていただき、とても参考になりました。
アタッチメントが軸になり、親が、正しい知識をもって、子どもの成長をみれるということの大切さを再認識しました。私の知りたかった、求めている内容で、子育てにも役に立つし、悩んでいる人、知らない人などにもきっとプラスの効果がでるものと確信できました。

 愛媛県  [プレスクール・あそび発達1期]

教えて下さった先生の姿全体に、この講座を学ぶ姿勢が更に得られました

まず教えて下さった先生の姿全体に、この講座を学ぶ姿勢が更に得られました。エネルギーが高く、最初から最後まで疲労感のカケラも見せずに私たち受講生にお教え下さった先生に驚きと感動と、こどもをみつめる大人の姿ってこうじゃなきゃいけないよなという自分をふり返ることができました。こどもにとって大人は鏡で、などと考えていましたが、明るくやわらかく、楽しく、大きな器(うけとめる)を、非言語にして教えられたような気がします。
様々なデータと様々な角度からのこどもの発達のかたちを学びました。新しく思えることばかりで、これを実践、コンセプトしていこうとわき立つ意欲と感情があります。ありがとうございました。

主婦  北海道  [プレスクール・あそび発達1期]

”幼児教育”とはを常に思い進めていきます

本日はありがとうございました。講座の内容を受講している間、自分が管轄している講師達、子ども達、保護者が次々と浮かんできました。
子どもに関わる大人がしっかりと知識を持ち教育に携わることが大切であると改めて感じました。
”幼児教育”とはを常に思い、進めていきます。遊びは学び。私は、これを現場に浸透させていくため、少しずつ講師たちとコミュニケーションをとりたいと思います。

その他(会社員)  愛知県  [プレスクール・あそび発達0期]

どう関わっていったらいいのか悩むお母さん達に伝えていけたらと思います

実際に講座を受講し、目の前の子どもがなぜそのような行動をとっているのか理解できました。親としての関わり方を知ることで、子どもと一緒にあそびを通して、楽しみを共有できそうです。
周囲にも、どう関わっていったらいいのか悩むお母さん達に伝えていけたらと思います。

看護師  福岡県  [プレスクール・あそび発達0期]

人と人のつながりをもっと今以上に伝えていきたいと思いました

内容もとても濃くて、幼稚園に勤めている時に、お聞きしたかったと思いました。アプローチの仕方がまた違っていたと思います。講義を受けさせて頂きながら、当時の保育の様子がうかんできました。その時も「親の教育」を行っていることの方が多かったです。ネット社会になっていますが、忘れてはいけない人と人のつながりをもっともっと今以上に伝えていきたいと思いました。今後の活動がまだ不透明ですが、なんとかして活かして実現させていきたいと思いました。ありがとうございました。

その他(事務(元幼稚園教諭))  大阪府  [プレスクール・あそび発達0期]

今まで以上に子ども達とあそびの時間を共有するのが楽しみになりました

今まで自分の子どもと接していて疑問だったことが分かり、嬉しかったです。今まで以上に子ども達とあそびの時間を共有するのが楽しみになりました。
また、今日の学びをお母さん方へ伝えられるよう、自分自身も家で整理し、ぜひ伝えていきたいです。

主婦  香川県  [プレスクール・あそび発達0期]

これからの子どもとの関わりに生かしていきたいです

認知スキル、非認知スキルについて学ぶことができ、これからの子どもの関わりに生かしていきたいです。また、子どもと関わる職業の方(養育者)や里親支援の1つとして、現在、里親志望の方への教育を検討している状況もあり、支援していく上で今回の学びを機にさらに自己研鑽に務めたいと思います。

看護師  東京都  [プレスクール・あそび発達0期]

”あそび”の重要性をもっともっと保護者や先生達に伝えていけたら良いと思います

自分の中では、”あそび”について難しく、考えすぎていたように思います。”あそび”が”学び”につながるということは、理解していても具体的に”ではどれがあそび?”とホワンとしていたのですが、輪郭がはっきりとしてきたように思います。
いつか現場に戻ったら、自分の考えは、間違っていなかったこと、”あそび”の重要性をもっともっと保護者や先生達に伝えていけたら良いと思います。

その他(大学職員)  大阪府  [プレスクール・あそび発達0期]

遊びのヒントや効果をお母さん達へ伝えていけたらと思いました

日頃、子ども達と遊んでいる事でも、こんな効果があったんだと気づくことも多かったです。
遊びのヒントや効果を職場である病院に来る小児科のお母さん達へも伝えていけたらと思いました。
プレスクール期の子ども達は、あそびから学んでいて、その遊びをしっかりと経験できた子は、成人した時に、社会的な成功や困難を乗り越えていける力につながっていくことが学べました。非認知スキルを向上できるような関わりを意識しながら、子ども達と関わっていきたいと思います。

看護師  栃木県  [プレスクール・あそび発達0期]

乳幼児期は、とにかく大人が見守る姿勢で遊びをとらえていってあげることが大切だと改めて感じました

乳幼児期は、とにかく大人が見守る姿勢で遊びをとらえていってあげることが大切だと改めて感じました。我が子とどんなふうに遊んでいいか分からないというお母さんの中には、とにかく何かをさせないといけないという気持ちや、意識が強くあるように思います。それは、つきつめていくと、情報やサービスが多様化して、幼児教育というものに逃げ道を感じてしまっているからなのではないかという気もしました。
何かを教えるのではなく、無目的にという言葉がとても胸にひびきました。
子どもの頭の中には、無条件に遊びの世界が広がっている、それを発達段階に応じて、引き出してあげるような対応をしていきたいし、お母さまたちにも伝えていきたいと思いました。

その他(自宅サロン経営)  千葉県  [プレスクール・あそび発達0期]

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒456-0002 愛知県名古屋市熱田区金山町1丁目13-14アールワン金山3F