アタッチメント心理カウンセラー

アタッチメント心理カウンセラー

選べる受講スタイル

各地会場での対面講座
or
オンライン講座

本講座は、『対面講座』と、場所を選ばず、どこからでも受講できる『オンライン講座』をお選びいただけます。

オンライン講座について詳しくはこちらをご覧ください 

アタッチメントを学びつくす

まずは、アタッチメントを振り返る

「幼少期に母親とつくってきた、その人の生き方の型」

私は、「アタッチメントって何?」と聞かれたとき、このように答えます。

『この型には、生きやすい型もあれば、生きにくい型もある。人間関係を上手にこなす型もあれば、それをややこしくする型もある。』

いずれにしても、アタッチメント形成において重要なのは、ボウルビーの結論どおり「幼少期における母子関係」です。ここで言う母とは、生物学上の母である必要はありません。母的役割の大人(養育者)ということです。幼少期に、どんな関係性のもとに、この大人と育ったかが、その子のアタッチメントの「型」(方向性)を決めます。(ボウルビーは、これを内的作業モデルと呼びました)アタッチメントは、その後、父親や祖父母、兄弟をはじめとして、友達や恋人、先輩や先生など様々な人々に影響を受け、強化あるいは変化していきます。アタッチメント形成の歴史は、まさに、その人の成育歴であり、人生そのものであると言えます。

アタッチメントのいま

ところで、この「アタッチメント」という言葉は、現在では多くの人が知っています。保育系や看護系の大学では、昔から扱われてきた分野ですが、今ほどに注目されてはいませんでした。10 年前は、保育士や看護師に聞いても、アタッチメントを知っている人は少数だったと、わたし自身も記憶しています。しかしここ数年、日本でも「アタッチメント」という言葉はずいぶん知られるようになりました。保育士や看護師はもちろんのこと、一般のお母さんの間でも知られる言葉となっています。学術界でも、アタッチメント研究は見直され始めています。実際、ここ数年で、多くの研究者が、論文のテーマにするようになりました。また、精神科医による愛着障害をテーマにした一般書籍も多数発刊されています。いま私どもの講座で聞けば、「知っている」と答える人が多数を占めるほどです。

しかし、このように一般的になってくると、私は逆に懸念を抱いてしまいます。「あ~、愛着ね。愛情をもって育てるってことでしょ。」というように、シンプルに片付けられてしまう懸念です。ご承知のとおりアタッチメントは、それほど簡単なものではありません。

その人の人生そのものをアタッチメントで解釈する

アタッチメント心理カウンセラー

繰り返しになりますが、アタッチメント形成は、その人の人生の歴史そのものなのです。だから、アタッチメントを解釈することは、簡単ではありません。それでも解釈することで、自分が変わる。人間関係が変わる。子育てが変わる。親子関係が変わる。それがアタッチメントを学ぶ意義です。

そのために有効な一つが、「自らのアタッチメントタイプ(型)を知る」ことです。そうすることで、自分の人間関係の癖が見えてきます。

アタッチメント 3 つの基本タイプ

アタッチメントには、3 つのタイプがあります。(のちにもう1つ加わって、4タイプになりますが、ここではもともとの3つとしておきます)これは、幼少期のお母さん(保育士や他の養育者を含みます)との関係の中で、形成されます。

「回避型」・「安定型」・「アンビバレント型」

これの説明を始めると、誌面が大量に必要になってしまいますので、ここではごく簡単な説明にとどめておきます。

回避型は、人との緊密な関わりを避ける型。

安定型は、人との緊密な関わりを作ることに積極的で、人間関係を広げたり、深めたりできる型。

アンビバレント型は、人と関係するときに、必要以上に臆病になってオドオドしたり、逆に怒りがこみあげてしまったりという極端で不安定な態度をとってしまい、相手に対していつも不満をもってしまう型。

そして、われわれのアタッチメントタイプ(型)は、たった一つの型にはまるわけではなく、どれか一つの型をベースにしつつ、別の傾向も現れます。多くの場合、「安定型」をベースに、回避型の傾向をもっていたり、あるいはアンビバレント型の傾向を持っていたりします。さらにアンビバレントの傾向には、臆病なアンビバレントと怒りを伴うアンビバレントに分かれたりもします

自らのアタッチメントを知って、子育てや保育にフィードバックする

アタッチメント心理カウンセラー

まずは、自分自身のアタッチメントについて振り返ることが、アタッチメントを理解し、活用する一番の近道です。自らのアタッチメントタイプを知ることができると、それを基準にして、まわりの人のアタッチメントタイプを解釈することが出来ます。

自分と似た傾向をその人に見るのか、それとも全く違う傾向が見えるのか、その傾向は、強く出ているか、なんとなく出ているのか。そして、子どもの場合は、大人よりも明確でシンプルです。

アタッチメントの観点から親子関係や家族関係、夫婦関係を見てみると、これまでとは違った側面が見えてきます。職場や近所、地域の人間関係を見れば、これまでとは違ったアプローチができるかもしれません。保育や子育て支援の現場で、子どもを見れば、その子が必要としていることに気づいて、それを埋めてあげられるかもしれません。あるいは、親御さんを導いてあげられるかもしれません。

アタッチメントを学びなおす

実は、3 つのアタッチメントタイプは、これまで育児セラピストの中では、あえてお伝えしていなかった部分です。アタッチメント理論について、一定の知識と理解があって、アタッチメントタイプは、それからだ、という考えからです。タイプ分けは、象徴的には理解しやすいです。しかしその分、本当のところが理解されにくいとも言えます。簡単に「あなたのアタッチメントタイプは〇〇型」というような理解をするものではありません。

アタッチメントタイプは、幼少期にその基盤が形成され、その後の成育環境や体験、さまざまな人間関係によって、上書きされたり、多様に変化したりします。だから、単純ではないのです。それを 3 つ(や 5 つ、7 つなど)にタイプ分けするということは、相当な知識に裏付けられた見立てが、その背景に見えている必要があります。

アタッチメント心理カウンセラー

では、なぜいまアタッチメントタイプを持ち出したのか?それは、アタッチメントの基礎をすでに学んだ皆さんに、アタッチメントを学びなおし、さらに深め、活用してもらうためです。

アタッチメントの上級者になる

アタッチメント心理カウンセラー

※ 写真はコロナ以前に撮影したものです、現在はソーシャルディスタンス・フェイスシールド等の安全対策を行って実施しております。
対面講座を安全にご受講いただける「環境づくり」について>>
オンライン講座ついて詳しくはこちら>>

「アタッチメントを学びなおし、アタッチメントを学びつくす」。それが、この講座のメインテーマです。その意味で、原点に帰るところからはじめて、私が知る限りのアタッチメントの全貌をお見せしたいと考えております。それは、研究発表の視点ではなく、子育て支援の現場で、アタッチメントをどう解釈し、どう活用するかという視点です。

具体的にイメージするなら「あの人、アタッチメントのことをよくわかっているな~」「あの人の言うことは、ひとつひとつに説得力があるな~」と言いたくなるような人です。

この講座を通して、いっしょに「アタッチメントの達人」になりましょう!

履修項目
アドバンストアタッチメント・アタッチメント研究の歩み
アドバンストアタッチメント・アタッチメント理論概論
アドバンストアタッチメント・アダルトアタッチメント
現代的アタッチメント解釈
愛着障害
アタッチメントにおける子ども支援
カウンセリング概論
アタッチメント・カウンセリング 理論編
アタッチメント・カウンセリング 実践編
カウンセリング実践ワーク

実際に受講された方々のお声

アタッチメントを取り入れながらの心理カウンセラーはすごく興味深く、そして自分の中で一番理解しやすい内容でした

産後子育てをするママの育児不安が増すなかで、それでも愛情を持ちながら育てるママと不安な余裕のなさから子どもと離れてしまうママを間近で見てきました。そんなママと子ども達に少しでもアタッチメントを育めるような手助けをしたいと思い今回受講させていただきました。
私は心理学の大学を卒業していますが、アタッチメントを取り入れながらの心理カウンセラーはすごく興味深く、そして自分の中で一番理解しやすい内容でした。
今回は、子どもだけではなく養育者に焦点をあてた講座でしたので、より一層養育者への理解も深まりました。今後、子育てをするママ達の育児相談を受ける時は、相手の理解からスムーズに入れる気がします。

助産師・40代女性

楽しい!!すごい!!と思い、これから活かせる場を探していきたいと思います

心理カウンセラーというと、自分には無理、出来ない!!と思っていましたが「アタッチメント心理カウンセラー」だったら、もしかしたら…と感じられました。楽しい!!すごい!!と思い、これから活かせる場を探していきたいと思います。まずは仕事・家族・友人に活かしていけたらと思います。

保育士・50代女性

今回の講座は改めて自分の行っていることの確認作業となり理論的に捉えることが出来ました

NICU時代から児の母親のケアをさせて頂く中で、ケア時間の半分は話して聴くということに視点を置き、残りの半分はケアの実践をしてきました。
ケアを重ねていく中で、話を聴くということは実際にはカウンセリングを行っているのと同じだと日ごろから感じていたため、今回の講座は改めて自分の行っていることの確認作業となり理論的に捉えることが出来ました。ありがとうございました。

看護師・50代女性

メンタライジングと昨年学んだマインドフルネスをしっかり活用したいと思います。今回の講座も、うん!うん!と心にくる内容でした

ベビマの教室や職場で相談にのる機会が多いです。ベビマの後は必ずティータイムをして参加者みなさんがそれぞれ(公表できること)悩みや愚痴を話したり、質問コーナーを話したり。1対1でベビマの説明する時もそのままお悩み相談になることも多々あります。本当に色々な悩みを話してくれて泣きながら話し、帰りは笑顔で帰られる人もいます。そんな中、カウンセラーについて学びたいと思っていたところタイムリーな講座でした。
メンタライジングと昨年学んだマインドフルネスをしっかり活用したいと思います。今回の講座も、うん!うん!と心にくる内容でした。まずはメンタライジング能力を高めます!楽しみながら分かりやすい講座でした。本当にありがとうございました。

児童厚生員・40代女性

全国の会場だけでなく、
オンラインもお選びいただけます

本講座は、『対面講座』と、場所を選ばず、どこからでも受講できる『オンライン講座』をお選びいただけます。

オンライン講座について詳しくはこちらをご覧ください 

受講費用

費用内訳 価格
アタッチメント心理カウンセラー養成講座受講料 130,000円
アタッチメント心理カウンセラー養成講座認定試験料 10,000円
受講費用 (税別) 140,000円
消費税 (10%) 14,000円
総受講料 154,000円

※ 資格認定申請していただきますと認定証が発行されます。
資格認定申請料 20,000円(税別)

お申込みはこちら

アタッチメント心理カウンセラー養成講座

オンライン

申込受付中
2022年 2月5日(土) 2月6日(日)

オンライン

この講座を申し込む

宿泊が必要の方へ
事務局へご連絡いただければお近くのホテルをご紹介致します。

これまでに開催した講座(直近の2回分を表示しています)

オンライン

受付終了
2021年 9月11日(土) 9月12日(日)

オンライン
(オンライン)

この講座を申し込む

受付終了
2021年 3月13日(土) 3月14日(日)

オンライン
(オンライン)

この講座を申し込む

東京

受付終了
『正規受講料130,000円のところ0期特別価格となります。』 【東京】 2019年 10月26日(土) ※ 10月27日(日) シンポジウム無料ご招待

淑徳大学
(東京都板橋区)

この講座を申し込む

受付終了
【東京】 2019年 10月26日(土) *アタッチメント心理カウンセラーのみ参加*

淑徳大学
(東京都板橋区)

この講座を申し込む

大阪

受付終了
『正規受講料130,000円のところ0期特別価格となります。』 【大阪】 2019年 11月9日(土) ※11月10日(日) シンポジウム無料ご招待

宝塚大学
(大阪府大阪市)

この講座を申し込む

受付終了
【大阪】 2019年 11月9日(土) *アタッチメント心理カウンセラーのみ参加*

宝塚大学
(大阪府大阪市)

この講座を申し込む

講座年間予定表はこちら

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒456-0002 愛知県名古屋市熱田区金山町1丁目13-14アールワン金山3F