「夜泣き」が再開してしまったら心のケアが必要なのでしょうか

廣島理事長に聞いてみよう! Question 現在、二児(長男が5歳、次男が2歳)の母です。昨年の4月に転勤の都合で引っ越しをしたのですが、その頃から長男が時々「夜泣き」をするようになりました。保育園が変わったからなのか・・・

子どもの問題行動は、どこからやってくるの?

こんにちは、日本アタッチメント育児協会の廣島です。 4月というのは、年度始めであり、新しいことが始まるタイミングでもあります。皆さんの中には、お子さんが、春から保育園に入ったり、年少組から年中組、年長組へと上がったり、保・・・

親は、赤ちゃんに触るのが良いの?それとも、触らせるのが良いの?

少し前の「AERA dot.(雑誌AERAのネット版)」に、こんなタイトルの記事が掲載されていました。 「専門家に聞いた 赤ちゃんは「触るより触らせる」が大事な理由」 これは、お母さんが読んだら勘違いしちゃうかも この記・・・

第8回育児セラピスト全国大会2017大阪会場「10年の時を経て」

目次 2日目:育児セラピスト全国大会シンポジウム パネルディスカッション ▼ 大阪会場 優秀実践者発表 全てをリソースと捉えて前に進んで拓いた「社会人第2のキャリア」 ― アタッチメント教室部門:福原 寿々代さん(親子教・・・

第8回育児セラピスト全国大会2017東京会場「10年の時を経て」

目次 1日目:全国大会スキルアップ講座『アタッチメント発達支援アドバイザー』 「アタッチメント発達支援0期に確かな手ごたえ」 2日目:育児セラピスト全国大会シンポジウム 開会あいさつ 遠藤利彦先生 特別講演「アタッチメン・・・

【理事長コラムvol.2】アタッチメントは、量より質

アタッチメント形成において「一緒に過ごした時間の長さよりも、その質が問われます」 三歳児神話をアタッチメントで解釈すると・・・ これを私は確信を持ってお伝えします。昔は、三歳児神話といって、「子どもが3歳になるまでは母親・・・

【10周年記念】講師からのメッセージ

10周年を記念して、当協会の認定講師の皆さまから受講生に向けてのメッセージをいただきました!ぜひご覧ください!          ・・・

全国大会によくあるQ&A

Question 両日の参加は難しいのですが… Answer 1日だけでもOKです!スキルアップ講座のみ、シンポジウムのみ参加される方もいらっしゃいますので、ご安心ください。 Question 会場が遠いので宿泊が心配で・・・

日本保育協会・青森支部青年部主催「現場で役立つ保育研修」

「乳幼児期におけるアタッチメントの重要性と親子をつなぐベビーマッサージのチカラ」 2017年7月27日(木)、日本保育協会・青森支部青年部主催の保育士研修で登壇するために、青森県に飛びました。私にとっては、初・青森です。・・・

食で育む心の成長

食育において、本当に大切なのは何? 以前、テレビドラマ「マルモのおきて」という番組の中に、こんなエピソードがありました。 主人公マルモは、様々な事情で、亡くなった親友の双子の子ども(小学校1年生の姉弟)を、親友に代わって・・・

このページの先頭へ