初の試み!「メンズ育児セラピスト座談会」 おこないました

子育ての未来を見にいこう! オンライン講座は、いろんな意味で、あたらしい世界を見せてくれました。今回の話題“メンズ育児セラピストたち”もそうです。コロナ禍の中、昨年(2020年)7月におこなった育児セラピスト1級のオンラ・・・

アタッチメントを学べる学校をつくりたい

「“アタッチメント”で子育てを変える」 これまで私たちは、そう信じて歩んできました。今年で協会設立15年。これまでに8,305人の方々がアタッチメントを学んでくれました。大学カリキュラムに導入され社会的信用を得ました。タ・・・

子どもの「だっこ~」にもいろいろある

『さいきん、子どもが「抱っこ」ばかりせがんでくる。そのくせ気に入らなくて嫌がったり、終わりがなかったりしてたいへん』 子どもが2歳をすぎたころ、親のだれもが通る道です。抱っこしてしまうと、ほかのことが何もできない、体力に・・・

発達障がい児の子育てでも、やっぱりアタッチメント

個性が平らな子と、個性が強い子 わたしは、ヒトの発達を、こんな風にとらえています。人はだれも何らかの発達障がいをかかえて生きている。そもそも凸凹があるのが人間。 健常児は、どのことも平らにできる子、発達障がい児は、得意な・・・

コロナ禍だから大事にしたい 「親子の密」

ひとと触れ合うこと、べたべたすること、べちゃくちゃしゃべること。コロナ禍のいま、そうした行為は、はばかられています。ひとと一定の距離をとるのがあたりまえ。レストランに行けば、対面側には透明のボード。われわれの心には、「密・・・

脳科学でひも解くマインドフルネス

今回は、「子育てマインドフルネス」を受講された澤田さんから、受講後にいただいた質問と、それに対するわたしの回答をご紹介しようと思います。この講座をすでに受講された方には、講座の内容をさらに補完し、理解を深めるものになると・・・

ランチ・お悩みスーパーバイズ in 2020

例年、ご好評いただいているスーパーバイズを、今年はオンラインで行いました。 「今抱えている問題・悩み」をグループごとに話し合ってもらい、それに対して当協会理事長の廣島のスーパーバイズのもと、参加者全員からも意見をもらう、・・・

育児セラピスト・ライフサポーター講座

2020年は、いろいろな意味で、その後にも大きく影響する年であろうと思います。コロナ禍における今年の全国大会1日目のスキルアップは、通常開催しているオンライン講座と同じ形式で幕を開けました。 さまざまな人間関係を、「個」・・・

優秀実践発表:元キャリアママが取り組む子育て支援のカタチ

ふたり目の優秀実践者は、子育て支援部門で受賞された広島県の宮河由美さんです。バリバリのキャリアウーマンで、子どもを産んだ後もキャリアママとして、フルタイムで仕事をしていた宮河さん。そんな彼女に転機が訪れます。 子育ての頼・・・

優秀実践発表:出張助産院とベビーマッサージ教室の「プラス・シナジー(相乗効果)」

今年の優秀実践発表は、オンラインでの発表となりました。一人目は、看護・助産部門の人見碧さんです。人見さんは、出張助産院という新しい助産院のカタチを実践し、「専属助産師」というコンセプトで活躍されています。 人見さんは、横・・・

このページの先頭へ