大学カリキュラムへの導入/団体研修/
講座の出張開催について

当協会では、大学等へのカリキュラム提供、地方自治体、教育機関への団体研修や、
子育て中の親子に対峙する社員への研修を行っております。

大学養成校の認定を希望される方へ

社)日本アタッチメント育児協会では、大学をはじめとする教育機関を「認定養成校」として認定し、大学カリキュラムとして講座コンテンツを提供し、学内においてアタッチメント・ベビーマッサージ、アタッチメント・ヨガ(マタニティヨガ・ベビーヨガ)をはじめとする各種インストラクターや、育児セラピストの養成を行っています。

導入における具体的な条件は、カリキュラム導入する資格、導入する学部や専攻によって必要となる科目が異なります。また、大学(あるいは短期大学)様によって、カリキュラム運用方針も様々ですので、導入をご検討いただく場合は、事務局までお問い合わせください。

大学教育において、当協会の資格を取得する意義

大学教育において、当協会の資格を取得する意義としては、次の2点を挙げることができます。

  1. 導入学部のカリキュラムの範囲で、必要な科目を修得し単位を得ることで、卒業時に、資格を取得することができます
  2. 保育士、幼稚園教諭、または看護師・助産師の専門職となる学生が、現場での即戦力となる、子育て支援の知識とスキルを得ることができます。

保育士養成、幼稚園教諭養成を行う大学(短期大学)様にとっては、平成27年度に内閣府による「子ども・子育て支援新制度」が本格的にスタートすると、保育士・幼稚園教諭は、ますます地域の子育て支援者としての役割が大きくなっていきます。

また、看護師養成、助産師養成を行う大学(短期大学)様にとっては、乳児家庭全戸訪問事業をはじめとする母子保健への取り組みも、多岐にわたるようになり、看護師・助産師・保健師の役割の中でも、子育て中の母親の支援が重要になってきています。

ベビーマッサージやマタニティヨガ教室は、実際の子育て支援の中心的活動を担っており、これらのインストラクター資格は、子育て支援の現場で必要不可欠なものとなっています。資格のカリキュラム導入は、子育て支援における政府の方針とも合致してまいります。

認定養成校の利点

入学希望の学生の受験動機として、他大学との差別化ができます

各種インストラクター資格や育児セラピスト資格が、学内カリキュラムの範囲内で取得できる大学は、当協会の認定養成校だけです。

ベビーマッサージ インストラクター資格の取得は、保育士・幼稚園教諭志望、看護師・助産師志望の学生にとって、実際に大きな動機づけとなっています(当協会の認定養成校における実績より)

例えば、2009年より当協会の資格講座をカリキュラムに導入されている淑徳大学では、大学のオープンキャンパスで、ベビーマッサージの体験教室を開催したり、高校への出張講座などで、資格の紹介をし、入学希望者数において実績を上げています。

専門職に就くうえで、実践的な資格を持った学生を社会に送りだすことができます

現役の保育士、幼稚園教諭、看護師、助産師が取得し、現場で活用している資格です。また、全国の保育園や病院が、積極的に取得を促している資格です。

地域貢献として、子育て支援のための教室を開催する枠組みと人材を育成することができます

大学機関における地域貢献、ボランティア活動の取り組みにおける枠組みとコンテンツの強化につながります

前述の淑徳大学では、同大学のボランティアセンターを中心に、地域の子育て支援の場を提供しており、教員が支援活動を推進し、ベビーマッサージ教室を開いています。また、インストラクター資格を志す学生を、運営サポートとして活動に参加させることにより、学生の実践体験の場づくりとして機能させています。

学生の利点

卒業時に、実践的な資格を取得することができるので、就職活動での強みができます

保育園や病院では、ベビーマッサージをはじめとするインストラクター資格取得者は、積極的に採用する方針を持っています。

今後ますます重要となる、地域の子育て支援に携わるための、実践的な資格を得ることができるため、現場での即戦力になることをアピールできます。

育児経験のない学生が、子育て中の親の相談にのる際に自信を持って対応できる、根拠のある背景知識とカウンセリングのスキルを学ぶことができます

子どもの発達や人の成長を学ぶことや、家族の成り立ち、コミュニケーションの原則を、「育児」という文脈で学ぶことは、既存のカリキュラムで学んだ知識をさらに強化し、実践で活かすことにつながり、専門職としての自信を醸成します。

保育士、幼稚園教諭あるいは看護師、助産師として社会へ巣立つ学生に、「育児の専門家」としての専門知識とスキルを習得し、親とのコミュニケーション力(対親力)を身に付けさせてあげることが出来ます。親対応に特化した対人関係における実践的なスキルを学ぶことは、親対応の経験がない学生が社会に出る上で、大きな自信となります。

大学のカリキュラム内で、履修するため、教材費と認定費用のみで資格取得できるので、学生の費用負担が少なくすみます

一般の養成講座では、一つの資格に対して10~15万円がかかりますが、認定養成校での資格取得における学生の負担は、一つの資格に対して1~2万円程度と、およそ1/10の費用で取得できます。

社)日本アタッチメント育児協会の正規認定インストラクターとして認定されるため、卒業後も活動のサポートを得ることができます。

  • 継続して学び続けるための、プラットフォームがあります
  • ベビーマッサージをはじめとする教室を運営する上で必要な一般には公開、販売されていない教材や備品、コンテンツを、認定インストラクターとして入手できます
  • 活動に際する様々なサポートが、協会から得られます
  • 当協会の会員が全国より一堂に会する「全国大会」に参加できます

社)日本アタッチメント育児協会のインストラクターの多くは現役の保育士や看護師・助産師です。そういった経験豊かな先輩たちから学べる場を持ち続けることができます

認定インストラクター専用の情報交流コミュニティに参加し、子育て支援に携わる業種や職種、役職を超えた交流ができます

保育分野、看護分野、助産分野、児童館、乳児院、地方自治体、各種教室など、子育て支援に関連する様々な分野、そして、園長、施設長、館長、部課長といった管理職の方から、新人の方まで、年齢的にも、70代の先輩から、20代の方まで、多様な方々が一つに属する希少な場です。

資格取得に必要な科目

個々の大学(短期大学)の現行カリキュラムに合わせて柔軟に対応させていただきます。下記は実際の導入例となります。

導入例1)専門科目「育児学」(2単位)を導入し、その他必要な科目(発達心理学、アタッチメント理論、社会学など)を修得することによって『育児セラピスト1級』と『ABMアタッチメント・ベビーマッサージインストラクター』の資格を同時に取得できます。

導入例2)当協会が提供する資格講座を2単位の単体科目としてカリキュラムに導入することができます。(アタッチメント・ベビーマッサージ、アタッチメント・ヨガなど)

 

認定養成校」の申請手続きについて

認定養成校を希望される学校は、導入を希望する学科のカリキュラム、担当教員、教授内容等を所定の書式に基づいて申請をしていただいております。

申請用紙のお取り寄せや、導入に当たっての事前相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

保育士・幼稚園教諭養成校での導入事例

淑徳大学 短期大学部 こども学科(2009年より導入)

HP:http://www.jc.shukutoku.ac.jp/course/child_curriculum.php

 

導入資格

 
  • ABMアタッチメント・ベビーマッサージ インストラクター
  • 育児セラピスト 1級

導入されたきっかけ

子育て経験のない学生が、保育士や幼稚園教諭として、お母さんの子育て相談にのるための知識とスキルを取得し、より現場に貢献して欲しいとの願いからでした。

現在では、高校への出張講座や大学のオープンキャンパスでも、人気の体験講座となっているそうです。

淑徳大学 小野寺事務局〔当時〕さんの、インタビュー記事をこちらでご紹介しております。

看護師・助産師養成校での導入事例

宝塚大学 看護学部 助産学専攻科(2014年より導入)

HP:http://www.takara-univ.ac.jp/kango/josan/

 

導入資格

 
  • ABMアタッチメント・ベビーマッサージ インストラクター
  • アタッチメント・ヨガ(マタニティ&ベビー)インストラクター

導入されたきっかけ

2014年に新たに助産師専攻科を新設される際に、資格を導入されました。助産師として現場に出たときに、すぐに実践に活かせる資格として、学生にとても人気のある科目です。

助産師の特徴を生かして、マタニティ期のアタッチメント形成のための、マタニティヨガであるアタッチメントヨガと、産後のママをサポートするアタッチメントベビーマッサージインストラクターの両方を取得することで、産前・産後のお母さんとトータルにサポートできる助産師を育成しています。

宝塚大学 柴田副学長〔当時〕さんの、カリキュラム導入への想いを語っていただいたインタビュー記事をこちらでご紹介しております。

地方自治体や教育機関、子育て中の親子に対峙する社員に向けた団体研修について

当協会は、これまで地方自治体や大学機関、関連団体が主催する、子育て支援における人材育成のための様々な団体研修を請け負ってまいりました。

子育て支援」という分野は、既存の専門分野が存在しないため、大学機関などから専門家を招いても、なかなか現場の実践で役に立つ学びを提供することが難しい分野です。

この事実に対して、わたくしどもが主催する一般の認定講座や養成講座の受講生のニーズに着目しました。わたくしどもの受講生の多くは、現役の保育士・幼稚園教諭、看護師・助産師、あるいは子育て支援関係者です。そうした方々が、講座に期待する学びは、突き詰めると「育児の専門家」としての知識とスキルに集約されます。あるいは、そうした育児の専門家としての知識を学び、それらを効果的に親に伝え、育児を教え導くための「伝える力」や「教える力」です。

つまり、保育においての保育士の知識や経験、あるいは看護において看護師の知識や経験、出産の現場においての助産師の知識や経験だけでは、子育て支援の現場においては充分ではない、ということが学びの動機となっています。こうした表面的には見えない動機を満たす学びを得るために、当協会の講座を受講いただいていることが、わかってきました。

具体的に言えば、子育て支援の文脈で、育児の専門知識の取得のためにアタッチメントを学び、発達心理学を学ぶこと、「伝える力」を身に付け、親に対する対応力(対親力)を身に付けるために、臨床心理学やカウンセリングスキルを学ぶこと、あるいは、健やかで豊かでハッピーな育児をしてもらうためにベビーマッサージをはじめとするアタッチメントを育む日常の営みを学ぶことです。

わたくしども日本アタッチメント育児協会は、これらの養成講座や認定講座で提供しているコンテンツをエッセンスにまとめ、それぞれのテーマに合わせた団体研修を請け負っております。

当協会で監修・認定している各種インストラクター養成講座や認定講座で学ぶ知識やスキルのエッセンスを、テーマに合わせて団体研修として学んでいただけます

養成講座でしか学べない現場ですぐに活用できる実践的な学び

  • 子育て支援事業としてのベビーマッサージ教室(マタニティヨガ教室)
  • 親が子どものために学ぶ食育講座のための研修
  • 親への対応力(対親力)を高めるコミュニケーションスキル研修
  • 育児の専門家としての育児知識を学ぶ研修
  • 子どもの発達を育児に活かすための発達心理学研修
  • 発達を促す遊び教室」のための研修

養成講座のコンテンツのエッセンスを学んだ研修参加者の中には、研修後に自らの意志で養成講座や認定講座を受講し、さらなるスキルアップを図られる方もいらっしゃいます。そうした内的動機を持った人材育成の機会にもなり得ます

保育士、看護師、助産師、保健師分野における専門研修

保育士の専門研修

  • 子ども・子育て支援新制度に適応した研修
    • 子育て支援を担う主幹教諭・主任保育士の研修
      • 認定こども園では「実施義務」、幼稚園・保育所では「努力目標」
  • 地域子育てひろば事業、つどいの広場事業における人材育成
  • 子育て支援員の研修

看護師・助産師・保健師の専門研修

  • 母子保健コーディネーター研修
  • 妊娠・出産包括支援モデル事業における人材育成
  • 産前・産後サポート事業における人材育成
  • 乳幼児全家庭全戸訪問事業における人材育成
  • 未熟児訪問指導
  • 養育支援訪問事業のための人材育成

研修を担当する講師は、経験と背景をもった当協会の認定講座、養成講座を担当する専任講師です。

  • 認定こども園、保育園、幼稚園園長
  • 乳児院施設長
  • 大学准教授、医学博士
  • 各種インストラクター養成トレーナー

研修予算(委託事業費、助成金、、補助金、研修費など)に応じたカリキュラムとコンテンツを提供します

予算に合わせたカリキュラムとコンテンツをご提供いたします。まずは、一度ご相談ください。

研修事例:

長崎県 こども政策局こども未来課 委託事業

子育て支援対策臨時特例交付金(安心こども基金)による「地域子育て創生事業」の一環として、地域子育て支援施設職員の資質向上事業として、受託しました。 長崎県全県の57箇所110名の子育て支援施設の職員の方を対象として、「乳幼児期のアタッチメント形成の重要性と子育て支援者の役割」をテーマに研修を行いました。

くわしくはこちら 

東京都家庭福祉員の会主催 家庭的保育者研修

「第9回東京都家庭福祉員研修会 みなおそう!家庭的保育の原点を!」にてアタッチメントの重要性と支援者の役割をテーマに研修を行いました。

くわしくはこちら 

高知大学教育研究部医療学系看護学部門 ペアレンティング・サポートチーム アンスリール主催 ワークショップ開催

高知大学による地域子育て支援の一環として開催された「第16回子どもと家族のきずなを育むサポートプログラム」において、「パパもママもアタッチメント育児をしよう~子どもを伸ばす愛情表現~」をテーマとしてワークショップを開催しました。

くわしくはこちら 

大阪府 泉佐野民間保育士会主催 保育士研修

泉佐野民間保育園勤務の保育士の方々203名のスキルアップを目的として、「乳幼児期のアタッチメントの重要性と親子をつなぐベビーマッサージのチカラ」をテーマとし、ベビーマッサージの研修会を行いました。

くわしくはこちら 

養成講座、認定講座の出張開催について

社)日本アタッチメント育児協会では、資格を取得されたい団体様向けに、各種インストラクター養成講座の出張開催を行っています。

当協会の主催する各種インストラクター養成講座を希望する場所、日程で開催します。

開催人数:6名~
開催場所:希望の地域(遠方の場合は、別途交通費が掛かります)
開催日時:事前に打ち合わせをして、日時を決定いたします。

研修事例:

福岡県基本的生活習慣習得支援員」を対象とした「ABMアタッチメントベビーマッサージインストラクター養成講座」の福岡開催

福岡県の子育て支援課の事業で、厚生労働省の緊急雇用対策事業を使って実施された、福岡県基本的生活習慣修得支援員さんに、実際の支援の際に必要となる知識とスキルを取得してもらうとの意向で、出張開催をしました。

福岡県や長崎県で広く実施されている乳幼児母子のためのサポートプログラム「IPPO」では、乳幼児期の愛着形成・生活リズムの獲得、他の乳児親子と交流して互いに学びあうことを重視されており、ベビーマッサージを通じてそれを伝えていらっしゃいます。このIPPOプログラムの主催者の方が、日本アタッチメント育児協会の理念に共感され、すでに複数のベビーマッサージインストラクターが活躍しています。

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山 2-15-14 パックス金山4階