インストラクター活動紹介・資格活用事例紹介

当協会のインストラクターが一堂に会する『日本アタッチメント育児協会 全国大会』にて
発表されたインストラクターによる活動報告をご覧いただけます。

  • 産婦人科医院 看護師

    すぎはら 美さん

    あなたもロボットになれる 坂本 慎太郎さん

    杉原さんは、産婦人科医院で看護師として勤務し、この医院に通うマタニティ期から産後までの親子に対して、母親教室やベビーマッサージ教室を開催しています。

    詳細はこちら

  • 大学講師

    かわしま 美さん

    オリジナルアルバムまだですか? PUNPEE from PSGさん

    看護師養成や保育士養成を行う多くの大学は、地域貢献の目的で子育て支援活動をしています。この活動の一環として、川島さんは子育て支援団体を立ち上げました。

    詳細はこちら

  • 療育センター 園長

    ぐら 輝てるひさ さん

    小倉輝久さん

    療育センターで園長をされている小倉さんは、発達に支援を必要とする子どもとその家族が取り組むことのできる営みとして、ベビーマッサージを取り入れています。

    詳細はこちら

受講生の声

実際に受講された方々の受講後の感想をご紹介させていただきます。

「アタッチメントの輪」が全国各地区にできるといいなと思いました

オンライン座談会はとても勉強になりました。優秀実践発表では、お二人ともにとても素晴らしい仕事をしていて、子育てをしながら仕事でも輝いている姿が素晴らしいなと思いました。
ランチミーティングとお悩みスーパーバイズもとても有意義な時間でした。「アタッチメントの輪」が全国各地区にできるといいなと思いました。

その他(リトミック講師)  愛知県  [シンポジウム11期]

たくさんのパワーと刺激をいただき、「いまここから私のすること」が見えてきました!

たくさんのパワーと刺激をいただき、「いまここから私のすること」が見えてきた次第です。改めて、自分への問いかけの機会となりました。自分自身のここまでの8年間の振り返りとともに、ここから10年が見えてきた2日間でした。
日々、笑顔とともに心豊かに周りとともに過ごしていきたいと思います。

その他(幼児教室主宰 子育て講座・育児相談・ベビーマッサージ主宰)  兵庫県  [シンポジウム11期]

これからの時代の育児というものの何が大切なのかを私なりに感じ取ることができました

オンライン座談会の第1部は、インストラクターの資格をそれぞれに活かし、趣向を凝らしてご活躍されている様子を知ることができ、とてもよい刺激となりました。第2部では、パパたちの本音や子育てに対するあつい思いを知り、これからの時代の育児というものの何が大切なのかを私なりに感じ取ることができました。
優秀実践発表では、同じ意識を持つ方とのつながりにより新たな発想やパワーを得るものだと思いました。「アタッチメント育児協会」を知り、学んだことからスタートしている現在のご活躍を心から応援させていただきたいと思いました。

看護師  東京都  [シンポジウム11期]

同じ悩みを持った方の事業が成立しているということが励みになりました!

オンライン座談会の第1部では、私と同じ悩みを持った方の事業が成立しているということが励みになりました。苦労や喜びを乗り越えて今日があるということを実感しました。第2部のパパの本音は、知らないことが知れて自分の視野が広がりました。
優秀実践発表では、同じ県でご活動されている方が表彰されていて、心強く感じました。いつか連絡をとってアドバイスしていただきたいと思いました。
ランチミーティングでは、食べながらお話することで、自己開示しやすくざっくばらんに遠慮なく聞きたいことが聞けてよかったです。

その他(講師)  広島県  [シンポジウム11期]

活動されている方の悩みや本音をお聞きしたいことで私自身も勇気づけられました

オンライン座談会では、昨年の春、受講させていただいてから思い切って「一歩」を踏み出したものの、そこからの展開が難しく…今回の座談会ではご活躍されている舞台も様々でしたが、皆さんそれぞれの場所での問題に対する対処法やアピールの仕方などを具体的にお話しいただけたことがとても参考になりました。
優秀実践発表では、人見さんも宮河さんも素晴らしいビジネス展開をされて少し気後れしてしまいそうでしたが、逆に自分が今後どのような方法で携わっていけるのか、また関わっていきたいのかが少し見えたような気がします。
お悩みスーパーバイズは時間が足りないと思うほど充実した内容でした。実際、活動されている方の悩みや本音をお聞きしたいことで私自身も勇気づけられました。参加できて良かったです。

その他  愛知県  [シンポジウム11期]

第2部のパパたち、夫たちの本音が、ぶっちゃけトークで面白かったです!

座談会の第2部のパパたち、夫たちの本音が、ぶっちゃけトークで面白かったです。オンラインということで、男性陣は自宅のリラックスした空間ということもあり、話しやすかったのでは?と思いました。どう奥さんに気をつかっているのかがわかりました。女性が男性だけのこうした話を聞けるのはオンラインならではだと思いました。
優秀実践発表では、「アタッチメント広島」のエネルギーがすごいなと感じました。つながりができると一緒に考えることもでき、いいなと思いました。

その他(障がい者相談支援員)  大阪府  [シンポジウム11期]

「イクメン」という言葉がなくなることを願っています

オンライン座談会の第1部の5人の方々は、本当に情熱を持って実践していらっしゃることがよくわかりました。私が参加させていただいた第2部のパパの本音では各家庭のパパさんと共通する部分も多く非常に心強かったです。女性の方々からたくさん質問をいただけたのも嬉しかったです。「イクメン」という言葉がなくなることを願っています。
優秀実践発表では、お二人とも地域貢献として活動されているのが素晴らしいなと思いました。人としてとてもパワーがあり、引きつけられました。お二人の活動で助けられたママさんたちはたくさんいらっしゃり、お二人のご活躍の素晴らしさを感じました。
ランチミーティングとお悩みスーパーバイズは、座談会に出たパパ5人でグルーピングしていただき、座談会よりもさらに本音の部分を楽しくお話できました。妻の出産というきっかけによって、夫婦の関係が変化することも5人の共通点でした。それは、おそらくお互いに夫婦から父母に立場を変えるからであり、だからこそ、いつまでも2人の関係(男女・夫婦)を大事にしていきたいなと思った次第です。そのためのコミュニケーション、スキンシップは欠かせません。今後の私の家庭内での課題です。

その他(中学校教諭)  奈良県  [シンポジウム11期]

来年もベビーマッサージ教室を続けていくモチベーションが上がりました

オンライン座談会の第1部では、ベビーマッサージ教室を続けていくこと、一人だけの参加だったとしても伝えていくことで、長く続けていくことで周知されていくのだと思いました。第2部では、子育てで疲れているのは、ママだけではなく、パパも同じなのだということ、パパもママもお互いに感謝の気持ちも大切だと改めて思いました。そのうえで、ママは共感してほしいのだと感じます。
優秀実践発表では、お二人の発表からママたちのニーズがわかりやすかったです。ご縁やつながりのうえで教室運営が成り立っているんだと感じました。チラシなどをつくるメリットなど教室を続けていくうえで、とても参考になりました。
ランチミーティングとお悩みスーパーバイズでは、保育士さんや助産師さんの現場の声が聞けてよかったです。ランチミーティングでは、自分の悩みについては語る時間はありませんでしたが、お悩みスーパーバイズのなかで、答えにつながる内容をたくさん聞くことができました。子どもがちょろちょろと話しかけてくるなかでの参加でしたが、オンラインだったので、気兼ねなく参加できてよかったです。来年もベビーマッサージ教室を続けていくモチベーションが上がりました。ありがとうございました。

看護師  北海道  [シンポジウム11期]

オンライン座談会は、同じような悩みの方や、先輩方のお話が励みになりました

毎年参加させていただいて、とてもモチベーションが上がるので参加しました。

勤務している園の子育て支援とは別に子育てサロンを立ち上げる第一歩として、春に娘に手伝ってもらいインスタを立ち上げました。
ところが地区センターも地域ケアプラザも、個人のベビマ教室は受け付けてもらえず、くじけそうになりながら、同じ志を持つ園の仲間と「おばちゃん達でこれからの子ども達をサポートすることを考えるサークル」として登録し、リトミックやお楽しみ会の募集を開始したものの、申し込みがほとんどありません。
そんな中でのオンライン座談会は、同じような悩みの方や、先輩方のお話が励みになりました。
理事長からのお話にあったように、2年はがんばります。
また、Zoomでのベビマは2回やりましたが、他のZoomでベビマ教室をされている方の活動発表も是非聴かせていただきたいです。

ランチ・お悩みスーパーバイズは5グループでの発表でした。
関東、特に横浜は子育て支援事業が昔から活発で、しっかりとした枠組みができ、細かい取り決めもあるので園での支援はやりやすいのですが、その反面、公共施設(地区センター・地域ケアプラザなど)では個人のサロンやお教室開催のチラシを置くことはできなくなっています。
できない中で、どのような切り口があるのかを試行錯誤しながらもモチベーションを上げていくには同じ地域、志を持つ仲間と繋がることが大切かと思います。(グループの方、皆同じ意見でした)
コロナが落ち着いたら、理事長が地区ごとにベビマなどをスキルアップする勉強会を検討してくださるお考えを知り、あきらめようと思っていた気持ちに光が差しました。

そしていつも丁寧にご対応いただく事務局スタッフさま、心から感謝しています。
ありがとうございました。

保育士  神奈川県  [シンポジウム11期]

パパたちが、このように参加してくれたことは、現代の育児の象徴とも思えました

通常だとテーブルに座り、おそらく後姿を拝見しながらの参加だったのでしょうが、Zoomですと皆様一人ひとりのお顔や表情を見ることができ、親しみが湧きやすいと思いました。
オンライン座談会「育児セラピストの本音」「パパの本音、夫の本音」の企画は、とても良いものだと思いました。
特にパパたちが、このように参加してくれたことは、現代の育児の象徴とも思えましたし、パパたちが産後の夫婦関係を「同志」「戦友」と表現されていたことも心に響きました。

神奈川県の人見さん、広島県の宮河さん、優秀実践者の受賞おめでとうございます。
おふたりの実践を伺い、参考になりました。
「必要なマンパワーの確保、思い立った時の行動力が成功に繋がる」です。

ランチミーティング・お悩みスーパーバイズについて、Zoomでも、しっかり交流はできるものですね。
皆様とてもパワフルでした。
まだまだ時間が足りない!と思うほどでした。

助産師  北海道  [シンポジウム11期]

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒456-0002 愛知県名古屋市熱田区金山町1丁目13-14アールワン金山3F