インストラクター活動紹介・資格活用事例紹介

当協会のインストラクターが一堂に会する『日本アタッチメント育児協会 全国大会』にて
発表されたインストラクターによる活動報告をご覧いただけます。

  • 産婦人科医院 看護師

    すぎはら 美さん

    あなたもロボットになれる 坂本 慎太郎さん

    杉原さんは、産婦人科医院で看護師として勤務し、この医院に通うマタニティ期から産後までの親子に対して、母親教室やベビーマッサージ教室を開催しています。

    詳細はこちら

  • 大学講師

    かわしま 美さん

    オリジナルアルバムまだですか? PUNPEE from PSGさん

    看護師養成や保育士養成を行う多くの大学は、地域貢献の目的で子育て支援活動をしています。この活動の一環として、川島さんは子育て支援団体を立ち上げました。

    詳細はこちら

  • 療育センター 園長

    ぐら 輝てるひさ さん

    小倉輝久さん

    療育センターで園長をされている小倉さんは、発達に支援を必要とする子どもとその家族が取り組むことのできる営みとして、ベビーマッサージを取り入れています。

    詳細はこちら

受講生の声

実際に受講された方々の受講後の感想をご紹介させていただきます。

育児で悩んでおられるお母さんにも力になれる事ができると思う

なぜこの時期にこの遊びが良いのかしっかり学ぶことができた。保育園での取り組みに生かしていきたいと思う。育児で悩んでおられるお母さんにも力になれる事ができると思う。実際のワークで2人で話し合いながら、こんな事をしたい、あんな事をしたいと書いて発表するのはとても役立った。

保育士  大阪府  [ベビーキッズ・あそび発達42期]

目的やねらいを持って遊びの提供を考えて、子ども達の成長を楽しみたい

実際に子どもの達へどんな遊びを提供できるか遊びのネタをたくさん知りたいと期待していたが、理論の方が多くて驚きました。しかし、改めて子どもの発達段階や心理学の面からも知ることができたので、目的やねらいを持って遊びの提供を考えて、子ども達の成長を楽しみたいと思いました。

   [ベビーキッズ・あそび発達42期]

地元へ持ち帰りアウトプットしていきたい

非認知スキルの事について、とても分かりやすく説明されていて、自分が保護者に説明するための使える文面がたくさんあった。頭では分かっていても言語にするのは不得意なので、これからもたくさん講座に参加して理論を勉強し、地元へ持ち帰りアウトプットしていきたい。

保育士  秋田県  [プレスクール・あそび発達6期]

学習として講座を受けるだけではなく、実際に子どもに触れて体験したい

心理学の部分は本で読んでいたが理解できていなかった。その部分を分かりやすく、また経験数の少ない私にも分かるよう、具体的な子どもの行動も出しながら、講座を進めて頂けたので理解しやすかった。学習として講座を受けるだけではなく、実際に子どもに触れて体験したい。

 福岡県  [プレスクール・あそび発達6期]

事前にベビーキッズあそび発達講座も受けていたので、今回のプレスクール講座と合わせて、一環したより深いアタッチメント育児への理解ができたと思います。

保育士  神奈川県  [プレスクール・あそび発達6期]

発達心理学と食を組み合わせた考え方を知り、「食」に対する意識を自分の中でも考えさせられた

発達心理学と食を組み合わせた考え方を知り、「食」に対する意識を自分の中でも考えさせられたし、家庭環境をかえりみる機会になった。色々な加工食から自然食が出回る現在に、食品や環境について考えることの大切さ、選ぶ事の責任を意識することができた。とても有意義な時間でした。ありがとうございました。

   [アタッチメント・食育46期]

心理学、歯学についても学ぶことで食育の奥深さを知り、いろいろな方面から食育について話すことができるなど知ることができて良かった。

子育て支援事業  香川県  [アタッチメント・食育46期]

食は食育だけでなく姿勢や歯にも関係があるとわかった

食は食育だけでなく姿勢や歯にも関係があるとわかった。奥が深いなと思った。アタッチメントとボウルビーの考え方の大切さがわかった。

   [アタッチメント・食育46期]

帰ったら整理して、自分が講座をできるようにがんばりたい

たった2日間と思っていましたが、内容量の多さにビックリしました。すごく充実していましたが、少し頭の中がパニックになっています。帰ったら整理して、自分が講座をできるようにがんばりたいと思います。ありがとうございました。

看護師  徳島県  [アタッチメント・食育46期]

身体運動・行動を乳幼児期に取り入れることで、大人になっていく基礎がしっかりとするというのを周りに伝えたいです

身体の動きに、心が関係していること、ふれあいや愛情の量の変化によって、身体も変化していたり、すべてが繋がっていることの重要性を深く感じました。健康でいること、0才からの関わりのつながりや、楽しく生活していきながらアタッチメントジムを取り入れる方法を家に持ち帰って見直したいです。
身体運動・行動を乳幼児期に取り入れることで、大人になっていく基礎がしっかりとするというのを周りに伝えたいです。

その他(事務)  埼玉県  [アタッチメント・ジム69期]

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山 2-15-14 パックス金山4階