概要

概要健康食育検定協議会 監修
一般社団法人日本アタッチメント育児協会 認定

アタッチメント食育インストラクター養成講座

 

親が本当に知りたい「食育」を教える指導者のための資格です。

アタッチメント食育インストラクターは、子どもを持つ親に、親が本当に知りたい「食育」に関する知識を教え、日常の取り組みの中で出来ることを指導します。

保育、教育、看護、出産、育児支援などの分野で、親子に接する立場の方々が、親御さんに提供したい学びのひとつとしての「食育」を教える資格です。

概要
食育イメージ
概要

「 お母さん、子どもの食生活 気にかけてますか!
思っている以上に、影響が大きいんですよ!! 」

多くの保育士さんや看護師さんが、切実に感じている本音です。というのも、保育士さんや看護師さんは、職業柄さまざまな研修などで「食育」や「栄養学」について学んだり、子どもの「発達」について学んだりしています。それによって、「子どもの成長と食」についての知識を持っていますので、直感的にわかっているのです。子どもの成長にとって、「食の環境」が、いかに重要かを。それは、少し知っているだけで、格段に良い結果を生むことを。

保育士さん、看護師さんだけでなく、歯医者さんや歯科衛生士さん、歯科助手さんといった方たちも、歯の成長と食の観点から、同じような直感に基づく思いを持っています。

実際、乳幼児期の発達において、「食」というのは、重要な役割を果たしています。適切な食の環境を与えられるかどうかによって、この時期の子どもの発達には、大きな差が生じてしまいます。それは、体の成長だけでなく、学習面や情緒面など、様々に影響することを、彼女たちは知っています。

そして、この大きな差は、ほんの少しのことを知っているか知らないか、ほんの少しの工夫をしているか、していないか、ほんの少し食環境に気を使っているか、使っていないか、という違いだけであることも知っています。だからこそ、お母さんたちには、この「ほんの少し」を知ってもらいたい、実践してもらいたい、という切実な思いを持っているのです。

そうした思いから、教育現場や医療現場において、「食育」をお母さんに伝えたい!という声が高まっています。でも、保育士さんや看護師さん自身も、本で読んだり、研修で聞いたりした知識だけで、体系だった知識を持っているわけではありません。いざ「伝える側」として、お母さんに教えるとなると、やはり体系だった「食育」の知識がないと伝えることができません。

では、体系だった食育の知識を身につけるとしましょう。食育と言っても、いろいろありますが、現場の保育士さんや看護師さんたちが求める「お母さんに伝えたい食育」とは、一体どんな食育なのでしょうか?わたくしどもの協会会員の保育士や看護師からの声を集約すると、このようなものになります。

親に対して教える
「子どもの成長のための食育」

しかし、一般的に食育というと、栄養学や食のマナー、地産地消あるいはダイエットや健康といった内容のものがほとんどです。そのため、いざ学ぼうと探してみると、「子どもの成長のために、親が学ぶ食育」というのは、見つかりません

そこで、わたくしども(社)日本アタッチメント育児協会は、健康食育検定協議会と組んで、保育園や幼稚園などの教育現場の保育士さんや、病院や歯科医院などの医療現場の看護師さん、歯科医さんなどに向けた「食育プログラム」の開発に取り組みました。

そして、「食と子どもの成長」をテーマに、食を通して、心が成長し、食を通して体が成長し、食を通して知能が発達し、そして食を通して人間成長する食育を目指した「アタッチメント食育」をカリキュラム化いたしました。

概要

 

■ この講座を受講した人の受講動機
看護師  40代  (埼玉県)
食育には関心があり、今後の仕事の方向性や自分自身のためにも学べればと思い受講を希望しました。
専業主婦  30代  (東京都)
2歳児育児中で、食育に興味があることと、ママ友で、1・2歳児の子どもに適していない物を沢山あげている方がいて、成長や味覚を育てるにあたり良くないことは、伝えましたが、もっと正しく伝えられる知識を勉強したい。
自宅サロン、リンパセラピスト養成、ベビーマッサージ講師  50代  (千葉県)
ベビーマッサージをお伝えしていく過程においてだけではなく、リンパセラピーやボディケア、フェイシャルのケアをさせていただいていく中で、やはり内からのケア、食という物は切り離せない物だということをずっと考えてきました。これからベビーマッサージ等を通じて、多くの方にの食育あり方をお伝えしていきたい、これからをになう子供たちの心身ともに健やかな成長のためにほんの少しでもお役に立てることができたらと受講を決意しました。
保育士  40代  (京都府)
食育は人が生きていくためには、とても大切な事、特に子どもの成長には不可欠です。今、不安な環境の中、何を大切にしなければいけないのか、もう一度学びなおしたいと思い、参加希望いたしました。
           
■ 受講者の声
養護教諭  50歳  (埼玉県)
軽い気持ちで受講を致しましたが、受講されている方々の多彩な職種と熱心さに刺激をもらうことができました。
内容も興味深く、もっともっと聞いてみたいと思うもので、充実の時間でした。ありがとうございました。
日頃から、食育についてお母さん方にもっと知って欲しいと思うことがたくさんあるため、将来は何かの形で子育て支援などで話が出来るといいなと思って受講させていただきましたが、実際に受講してみて、小さな時期に必要な事柄を特に心理の点を含めて、保護者の方に話す機会を積極的に作っていこうと感じました。頑張ります。
ダイビングインストラクター  36歳  (宮城県)
全く初めての参加で、現在妊娠7ヶ月の為、今後の自分の育児の為に役立てたいと思い参加しましたが、沢山の役に立つ事を吸収した今の時点では、こういった内容を1人でも多くの人に伝えたい気持ちが高まり、更に沢山の事を吸収したいとも思いました。今まで間違っていた知識もあり、新しい発見や情報も沢山あったので、参加して本当に良かったと思いました。
幼稚園教諭  22歳  (埼玉県)
食育について、学びたかった事以上に色々なことを学べたのがとても良かったです。
ベビーマッサージインストラクター  59歳  (奈良県)
実践していくのに、私の知識として食育を受講して、たいへん良かったと思っています。家族で食事するという事は、子どもに心理的にも良い発達をもたらす。楽しく、みんなで会話しながら食べる、子育て中のお母さん達に、食事そのものの大切さ、家庭というものの原点を知ってもらいたいと思いました。食卓は、家庭の原点だと私は思います。
主婦  29歳  (東京都)
間違っていた知識でビックリした事がたくさんありましたが、この講座で勉強したことを参考に自分自身の食生活を見直そうと思います。2歳8ヶ月と、8ヶ月の2人の娘の食育に本当に役に立ちました。間違った知識、知らないということは本当にコワイと思いました。




      

インストラクターは、お母さん方に「子どもの成長のために必要な食育」の知識を教え、それを実践することを導くための教室や様々なイベント、セミナーを開催することができます。たとえば次のようなスタイルで、この学びをお母さんに伝えます。

  • 「アタッチメント食育教室」として、全6回のコースとして教える。
  • ベビーマッサージ教室やキッズマッサージ教室の後に、お母さんたちの学びとして、子どもの年齢にあわせた「アタッチメント食育」の学びを提供する
  • 園や医院でのイベントとして、「アタッチメント食育イントロ講座」を開催する

また、アタッチメント食育インストラクターとして、様々な講演やセミナーなどにおいて、「子どもの食と成長」についての学びを提供する役割を担います。

概要

アタッチメント食育インストラクター資格を取得することにより、ご自身の所属する分野の知識が深まるだけでなく、お仕事や活動をよりいっそう広げることができます。

概要

栄養士の方なら、保育園や幼稚園での講和や、親向けのイベントでの活躍機会が増えるかもしれません。

保育士さんなら、園のひろば事業や行事の一環として、「アタッチメント食育」の親子セミナーを開講したり、イベントで講演したり、また園児のお母さんのよきアドバイザーとして、食と子どもの成長の観点からアドバイスすることができます。

看護師さんや助産師さんなら、母親教室やプレママ教室などで、食育を教えたり、お母さんに対して適切なアドバイスがしてあげられます。

大学などの教育機関の講師の先生なら、学生がこれから社会に出る際に役に立つ知識として、ご自身の専門分野と食育を結びつけて教えることができます。また、そうした専門分野における見識を広めていただくことができます。

歯科医院の先生ならば、医院のスタッフの方が、この資格を持っていれば、「お母さん向けの食育教室」を患者さんに向けて開催すれば、治療以外の目的で、患者さんが医院に足を運ぶきっかけとなり、そうした教室のついでに歯科検診を受けてもらえる流れを作ることが可能です。特に、アタッチメント食育は、歯学がカリキュラムに入っていますので、歯に関するよりお母さん方の関心度を上げる啓蒙活動にもつながります。

ベビーマッサージ教室のインストラクターなら、教室の次の取り組みとして、「アタッチメント食育講座」を全6回で導入したり、ベビーマッサージの教室の中で、食育の話をしてあげたりして、お母さんのニーズにより応えてあげられるようになります。

このように、このアタッチメント食育インストラクター養成講座は、下記の関係者の方がご受講いただくことにより、本業や今の活動をよりいっそう広げていただくことができます。

 
■ 食育関係
概要 ・栄養士・管理栄養士
■ 保育関係
概要 ・保育士
  ・幼稚園教諭
  ・学校教諭
■ 看護・医療関係
概要 ・看護師
  ・助産師
  ・小児科医師、産科医師
■ 大学など教育機関
概要 ・栄養士・管理栄養士関連の大学、短大の教授、准教授、講師
  ・保育士養成の大学、短大の教授、准教授、講師
  ・看護師養成の大学の教授、准教授、講師
■ 歯科関係
概要 ・歯科医
  ・歯科衛生士、歯科助手
■ 地方公共団体、子育て支援関係
概要 ・児童館勤務の職員
  ・市、県の子育て支援課職員
  ・子育て支援NPO従事者
  ・ベビーマッサージ教室などの乳幼児向け教室の運営者




食育イメージ
▲このページのTOPへ
     
      
TEL:052-265-6526
受付時間:月~金 10:00-17:00
(土・日・祝日はお休みです)

FAX:052-265-6529
一般社団法人日本アタッチメント育児協会 育児セラピスト認定協議会
〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山2-15-14 パックス金山4F