アタッチメント発達支援
アドバイザー養成講座

  1. ホーム
  2. アタッチメント発達支援

担当の園児の多動が落ち着いた事例

「これでいいのか?」と悩む保育から、「あれをしてみよう!これもためしてみよう!」の保育に

発達が気になる園児Aくんのために、保育士としてなにかできないか?

園児のAくんは、多動性がつよく、あまり目を合わせてくれることもなく、こちらの指示が入りにくいなど、発達障害の特徴が見られました。

「Aくんへの保育は、他の園児とおなじでよいのか?」

「なにかしてあげられることはないだろうか?」

「親御さんには、このことを伝えたほうが良いのだろうか」

手あたり次第、本を読んでもピンとこない、いろいろやっても効果がみられない

Aくんとどう関わればよいのかわからないでいました。園の誰かに教えを乞おうと思っても、詳しい先生はいません。そこで、『自分が先に立って学び、伝え、知識を共有することで、園全体でAくんに同じようにかかわっていけるのではないか』と決意しました。

発達障害についての本を手当たり次第に読んで、レジュメにまとめ、そこに書かれていることを、できる限り実践してみました。しかし、どれもうまくいきません。

アタッチメント発達支援は、インクルーシブ保育に通じている

そんななか、たまたまインターネットを見ていて、日本アタッチメント育児協会の「アタッチメント発達支援アドバイザー講座」にたどりつきました。そこには『発達障がい児の保育や子育ては、健常児と基本的にはおなじ。それをより丁寧に、手をかけるだけ。そのためには、発達障がい児の特徴を知ることが大事だ』とありました。

障害の有無に関係なくその子らしさを尊重し、どの子も主体的に園生活を送れるように一人ひとりを大切にしようとする「インクルーシブ保育」を実践的に提案してくれていると直観的に思い、すぐに受講を決めました。

発達支援マッサージでAくんに大きな変化が!

これまで、Aくんには悪戦苦闘していました。おひるねの時間に布団に誘っても嫌がる、横になっても他が気になり遊びはじめてしまうという毎日でした。

そこで受講後にさっそく、学んだことを試してみました。まず「衝動抑制の乏しさ」が関係していると考え、衝動抑制スキル獲得のための取り組みとして提唱されていた「発達支援マッサージ」を、毎日おひるねの前に実践しました。

何日かすると、Aくんに明らかな変化がみられました。最初の反応は、Aくんに足のマッサージをしていたとき。発達障がい児は、強めの刺激やしっかりしたマッサージ、つまむ、はさむ、などの動きを好むと習っていました。それにならって、少ししっかり目に足の指をつまむマッサージをしていたときのこと。

Aくんが「アッ!」と足の指の感覚をはじめて知ったような反応をして、足の指を自分で見ようとしました。「足の指だね、おててもやってみる?」と声をかけ、反応を見ながら腕から手のひら、指、爪の先まで範囲を広げていきました。

発達の階段を、着実にのぼりはじめたAくんの大きな成長ぶり

Aくんは、だんだんマッサージされているうちに眠りについてくれることが多くなりました。さらにこれまで、どの保育士にも目を合わせることがなく、反応が薄かったAくんが、わたしの姿を見つけると、「アッ、センセイ~」と声をかけてきたり、膝に座ってきたり、体にふれてくれるようになりました。

変化は、それだけではありませんでした。園には、生後7か月のAくんの弟も通っています。この弟に「ぎゅ~ぎゅ~」といいながら足をマッサージしてあげたり、爪の先をつまんであげたり、お友だちに対しても、もみもみしてあげている姿がみられるようになりました。これまで、他者と関わることのなかったAくんにしたら、大きな成長です。

変わったのはAくんだけじゃない

さらに他の保育士とマッサージのやり方を共有することで、園全体で、他の発達が気になる子や、寝つきの良くない子にマッサージをすることを試みました。この取り組みによって、保育士の側の変化もみられました。寝かしつけが苦手な保育士が、マッサージの導入で、自分でもうまく寝かしつけられる自信がついたのです。

こうして、園全体でアタッチメントの大切さや発達障害そのものの知識が深まったことによって、保育の中で、できないことよりできることに目をむけることが増えてきました。

今後の展望

『子どもの生活時間のほぼすべてといえる遊びに、自然と発達支援につながるような運動や取り組みがあったら学びたい』といまは考えています。

気になる行動は、子どもの「中」だけではなく、子どもの「外」つまり、保育士の子どもの理解が十分でないために、保育の道筋がみえず、「気になる」という言葉を使っている場合もあると気づいたので、気になる子だけが気になるのではない、と伝えていける保育士でありたいと考えています。

発達支援に関するその他の事例はこちらから >>

これは、「アタッチメント発達支援アドバイザー養成講座」を受講して、すぐに現場で実践した保育士さんの実例です。

講座パンフレットをご希望のかたは、ぜひ資料請求から!