Interview

先輩 育児セラピストの教室に参加したことがきっかけで、ママ支援活動をスタート

  1. ホーム
  2. インストラクター活動紹介
  3. 先輩 育児セラピストの教室に参加したことがきっかけで、ママ支援活動をスタート

マザーズハローワークにチャイルドサポーター(保育士)として再就職した宮河さんは先輩 育児セラピストの杉原美代子さんと出会い、一緒に活動をされたいと思ったことがきっかけで、ベビーマッサージ教室をはじめました。

教室運営のモデルとして、先輩 育児セラピストの教室に参加

教室運営をより充実させるために、広島県で活動実績が豊富な杉原美代子さんの教室に参加をしました。

また、ベビーマッサージ教室のプライベートレッスンで「お母様方に伝える技術を習得したい」と思い、2018年1月に育児セラピスト後期課程(1級)を受講しました。 発達心理学に基づいた適切な育児知識と医学、脳科学、社会学、精神分析など多岐にわたった知識習得が私のやる気と自信につながりました。

育児セラピストを中心に『周産期・子育て期の支援』の活動を開始

その後、「ベビマ&育児セラピストとして広島での活動拠点を作りたい」と思うようになり、「育児の専門家チーム」を立ち上げ、『一人じゃないんだよ』の子育てを!合言葉に、育児セラピストを中心に『周産期・子育て期の支援』の活動を、2018年4月から行っています。

子育ての不安・悩みを語り合い、相談できる場を提供しています

現在は、CLiP HIROSHIMA(広島トヨペットさんのショールームにある会議室)を利用させていただき、2ヶ月に1回程度アタッチメント・ベビーマッサージ教室を開催しています。

また、育児セラピストの持ち寄り企画で子育て中の方が、輪になって、子育ての不安・悩みを語り合い、相談できる場を提供しています。 2019年3月からは、ベビーマッサージインストラクターが新たに2名合流し、CLiP HIROSHIMAさん以外の場所でベビーマッサージ教室の定期開催も予定しています。

宮河 由美さん(広島県)

保育士

アタッチメント・ベビーマッサージインストラクター

育児セラピスト後期課程 (1級)