Interview

地元のNPO法人に提案し、ベビマ教室をクラブ化

  1. ホーム
  2. インストラクター活動紹介
  3. 地元のNPO法人に提案し、ベビマ教室をクラブ化

双子を含む4人のお子さんがいらっしゃる三上聡子さん。第二子出産後、初めて参加したベビーマッサージ教室での体験がもとで、資格を取得されるまでにいたりました。

北海道むかわ町を中心に、当協会で取得された4つの資格(アタッチメント・ベビーマッサージ、キッズマッサージ、アタッチメントジム、アタッチメント・ヨガ)を活かし、子育て支援活動に携わっていらっしゃいます。

そんな三上さんから、これまでの活動についてご報告をいただきましたので、ご紹介します。

4人の子どもたち一人ひとりと向き合える時間

「子どもと向き合う時間がたっぷりとれる、ベビーマッサージはいいものだな」

三上さんは、初めてベビーマッサージを体験した際、そのように感じたといいます。

そこから、興味を持ち2019年に「アタッチメント・ベビーマッサージインストラクター」の資格を取得されました。

「子どもたちに、朝、マッサージをやってあげると、その日の過ごし方が変わるんです。自分も子どもたちも穏やかに過ごせるなと感じました。」

三上さんの4人のお子さんは年齢に関係なく、ベビーマッサージが大好きだそうです。

「この時間だけは、 一人ひとりとたっぷり向き合えるのが嬉しい」とお話されています。

幅を広げたいとキッズマッサージ・アタッチメントジムを受講

そうした経験から、三上さんはベビーマッサージを広めたいと教室開催を考えるようになりました。

「私の住む、むかわ町は、赤ちゃんの数自体が少ないので、さらに上の年齢の子たちまでカバーできた方が教室としてうまく運営できるのではないかと考え、『キッズマッサージ・アタッチメントジム』もすぐに受講しました。」

その後、2020年に「むかわ町子育て支援センター」とお寺でのイベント「法城寺ママカフェ」で念願のベビーマッサージ教室を開きました。

RYT200を取得後、アタッチメント・ヨガを受講

さらに、三上さんは2021年に、全米ヨガアライアンス認定のRYT200を取得。ヨガのすばらしさを体感すると、すぐにオンライン講座で「アタッチメント・ヨガインストラクター」も受講されました。

「アタッチメント・ヨガは、マタニティ期からのアタッチメント形成の大切さを伝えることができるので、子育て支援の場で、自分の強みになると感じました。親と子をつなぐだけでなく、子育て世代の親同士、子ども同士の輪を広げる場にもなるなと思いました。」

教室の収益化を考え「ベビママクラブ」を提案

そして、次に三上さんが取り組んだのが、教室の収益化です。

むかわ町の体育館を利用してサッカーやダンスなどのスポーツクラブを運営している「NPO法人むーブ」にある提案をしました。

「むーブのクラスのひとつとして、ベビーマッサージをやらせてもらえないかと持ち掛けました。」

その結果、三上さんは事務局スタッフとして採用され、ベビーマッサージクラスを担当。2020年の6月から今年の3月まで「ベビママクラブ」という名称で、定期的にクラスを開いてきました。

ベビマとキッズジムを隔週で開催

「ベビママクラブ」は毎週月曜日に、10時から約1時間の内容で行っていました。料金は、NPO法人むーブの会員か非会員かで金額が異なるそうです。

クラスは2つあり、「ベビーマッサージ」と「キッズジム」を隔週で開催していました。

「ベビーマッサージは、参加されるお子さんの月齢やその日の体調に合わせて、運動あそびやヨガも取り入れていました。」

参加されるお母さん方からは、「子どもと1対1でゆっくり時間がとれる」「よく寝てくれるようになった」「悩みを共有、相談できる場があって嬉しい」といったお声をいただいていたそうです。

月齢がすすんだら、キッズジムクラスへ移行

キッズジムクラスは、全3回の日程で設定。むかわ町推進の「コオーディネーショントレーニング」と「アタッチメント・キッズジム」を組み合わせた運動遊びを行っていました。

「ベビーマッサージの子たちも、月齢がすすんで動きが活発になると、次はキッズジムクラスに移行してもらうので、長く関わりを持てました。」

つづくコロナ禍のなか、今後の挑戦

約2年にわたり担当してきた三上さんの「ベビママクラブ」の活動は、コロナ禍の影響を強く受けたこともあり、今年3月でいったん卒業することになりました。

ですが、現在は「子育て応援サロン halohalo☆」として、新たな挑戦を始められています。

「むかわ町の子育て支援センターでのベビマ教室の開催やカフェとコラボした企画を現在、計画中です。大人向けのヨガ教室を週1回開いているのですが、今後は、そこでも親子向けの企画を考えています。」

さらに、子ども教室を運営されているご主人と、今後は夫婦で子育て・教育分野の会社を立ち上げたいとの展望もお持ちでいらっしゃいます。

三上さんのご活動はこちらからもご覧いただけます。

三上 聡子さん(北海道)

「子育て応援サロン halohalo☆」主宰

アタッチメント・ベビーマッサージインストラクター

育児セラピスト前期課程(2級)

アタッチメント・キッズマッサージ/ジムインストラクター

アタッチメント・ヨガインストラクター