財団法人日本余暇文化振興会(所管:文部科学省)の認定を受けました

日本アタッチメント育児協会の下記の資格プログラムが、財団法人日本余暇文化振興会(所管:文部科学省)の認定を受けることが正式に決まりました。 財団法人日本余暇文化振興会(所管:文部科学省)(JALD)認定監修 育 児 セ ラ ピ ス ト です。 この資格は 育児セラピスト2級 育児セラピスト1級 育児セラピストトレーナー の3つの段階を設けています。 この資格は、「育児の専門家」として、適切な育児知識と心のバランスを提供するための資格で、乳児期~学童期までの子どもをカバーする本格的な「育児の専門家」を養成する資格です。主に、育児支援に関わる人、保育士、看護師、教師、臨床心理士、カウンセラー、のスキルアップ資格として、日本アタッチメント育児協会が、医師や大学教授らの監修をもとに独自に組んだプログラムです。 このプログラムに対して、財団法人日本余暇文化振興会(所管:文部科学省)の監修、認定をいただき、公の資格として標準化したものが、育児セラピストです。 文科省許可財団が認定書を発行する公の資格は、育児関連の認定資格では、当協会の「育児セラピスト」がはじめてだと思います。(ほとんどの資格は、主催団体(NPOや任意団体など)独自の認定資格です) 今後この「育児セラピスト」は、社会的にも認知度を高めていくと思いますし、この資格の保持者が、育児支援において活躍していくことを想定しています。 育児セラピスト養成講座についてのご質問は info@naik.jp 日本アタッチメント育児協会 事務局までお願いします 日本アタッチメント育児協会 代表理事 廣島 大三

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ