フィッシャープライスと「サンリオベビー」のコラボ商品に、『あそび発達』の観点から推薦コメントをさせていただきました。

フィッシャープライスと「サンリオベビー」のコラボ商品に、『あそび発達』の観点から推薦コメントをさせていただきました。

細井先生は、日本アタッチメント育児 協会の顧問理事であり、
『あそび発達インストラクター養成講座』の発達遊びの監修者でもあります

 

サンリオベビー コラボ商品について
「あそび発達」の観点から

(東京家政大学 准教授・日本アタッチメント育児協会認定 あそび発達インストラクター講座 認定講師 細井香氏のコメント)

0・1・2 歳の遊びは、お母さんの情緒的な反応がとても大切な時期です。
サンリオベビーシリーズのように、お母さんが小さいころから親しんできたキャラクターの玩具で遊ぶことで、お母さん自身も親しみながら遊べます。赤ちゃんは認識していなくても、運動と脳への刺激(知能)、それを楽しむ情緒がバランスよく連動しています。たまたま足をけってみたら、ジャンプしたり、音が鳴ったり、光ったりした。そうした“偶然”のなかに“楽しさ”を見出し、遊びの意欲を高めることができます。
何度も繰り返すうちに、あらたな“発見”をする。発達とは、本来このように情緒と運動と知能がひとつになったアクティビティのなかに存在します。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ