2020年 コロナ禍に生まれた我が子

はじめまして!グリーンのまえっちです。
初投稿です。どうぞよろしくお願いします!

異例の2020年も、半月を残すばかりになりました。

新型コロナウィルスの影響で、
これまでに経験のない1年を過ごした私たち。
やりたいことが思うようにできないもどかしさを山ほど味わい、
なんだか空白の1年だった、そんな声もよく耳にします。
でも私にとっては、かけがえのない、大切な年になりました。
念願だった我が子が、この世に産まれてきてくれたからです。

子どもの愛おしさに心を満たされ、
成長の早さに驚かされ続ける日々でした。
やっぱり子どもができると仕事にも精が出るというか、
守るべきこの子のためにと、一層活力が湧いてくるものですね。
そして何より本当にかわいい!
毎日を生きるのがより楽しくなりました。

ただ、やはりこんな年だからこその息苦しさのようなものは
少なからずあったように思います。
1月に息子が誕生したときは、
「新型コロナ」という言葉を耳にすることが増える頃でしたが、
まさかこんな世界になっているとは想像もしていませんでした。

春ごろからは、離れて暮らす自分たちの親(息子の祖父母)に
気軽に会わせることもできなくなりましたし、
子連れ同士で会いたい友人たちにもなかなか会えませんでした。
自治体による助産師や保健師の家庭訪問指導は中止。
4か月検診も保健所で同じ月齢の子たちが集まる形では
実施されませんでした。
そうです。誰かと喜びを分かち合ったり、
不安や悩みを話したりする機会が
圧倒的に少なかったように感じています。
ただでさえ親として駆け出したばかりで、
わからないことも数多くある中で
こうした状況がなかなかツラく思えるときもありました。

息子が生まれたのはコロナが流行するほんの少し前だったので
私も出産に立ち会うことができましたが、
泣く泣く立ち会いをあきらめねばならなかったパパや、
検診や出産に家族に付き添ってもらえず不安を抱いたママも
たくさんいらっしゃったことと思います。

 

でもね。
人間ってたくましいなって感じることも数多くありました。
今年、これほどまでに「オンライン〇〇」が浸透したのは、
やむを得ずという側面もあるとはいえ、
すごいことだし、素晴らしいことだと思っています。
私も、最初は乗り気でなかったオンライン飲み会も
今では自分から友人を誘うくらいになりましたし、
息子の100日祝いのお食い初めは、
LINE電話で互いの家族を繋いでやりました。

出産に立ち会えないなら、オンラインで分娩室でつないで…
という例もいくつか耳にして、すごいなぁと思いました。

制限された環境の中でも、何とか工夫して道を拓こうとする力。
これって私たちに与えられた、とっても重要なものだと思います。


★お食い初めのときの様子

 

きっと息子がもっと大きくなったとき、
おまえが生まれた2020年って年はな…と
話をすることになるのだと思います。そのときに、
マイナスな言葉ばかりが出てくることが決してないように、
楽しかったこと、幸せだったことを、
いま、たくさん振り返っておきたい。
そして、こんな年に生まれた子たちだからこそ、
来年以降はもっと明るい2020年代を過ごさせてやりたい。
来る2021年、まだまだ不自由も数多くあるだろうけど、
それを跳ねのけて楽しめる力が、
きっと私たちには備わっているはず。
……そんなことを考えている年末です。

そして。

育児セラピストMen’s ゴレンジャー結成のきっかけとなったのも
初めて″オンライン開催″となった
全国大会のシンポジウムでした。
私たち実はまだオンラインでの出会いのみで、
リアルで対面したことないんです。笑
ホントにすごい時代ですよね。
だからこそ、実際に会って一緒に飲む日が楽しみでなりません。
たまたまゴレンジャーは全員関西に住んではいるんですが、
距離をいとも簡単に超えられるのがオンラインの良さ。
それを思うと、
全国の悩めるパパ・仲間を求めるパパたちが繋がるツールとして
″オンライン″にはまだまだ大きな可能性があるような気がしています。

 

初投稿にして、全くお天気の知識とは関係がなかったので
最後にそれらしく一言、
今季初の寒波がやってきていますので
どうぞあたたかくして元気にお過ごしください!笑

投稿者プロフィール

まえっち
まえっち
2020年1月に長男誕生。1児の父。
仕事はテレビやラジオのお天気キャスター(気象予報士)。好きな食べ物はお餅。

投稿者: まえっち

2020年1月に長男誕生。1児の父。 仕事はテレビやラジオのお天気キャスター(気象予報士)。好きな食べ物はお餅。

「2020年 コロナ禍に生まれた我が子」への4件のフィードバック

  1. まえっちーーー!!!
    初投稿、おめでとうございます!!!

    オンラインお食い初め!!!凄い!!!じいじやばあばの喜びに満ちた顔が目に浮かびます(≧∀≦)

    最高の投稿です!!!

    そうなんです!こんな時だからこそできることごあるんです!コロナ禍じゃなければうちらも出会って(?)なかったかもです!笑。

    「制限された環境の中でも、工夫して道を拓こうととする力」!!!

    本当にその通りです!!!

    オンラインもまだまだ可能性がある!!!

    ここのゴレンジャーのポジティブでアクティブな面は、絶対に世の中を明るく元気にすると心の底から思っています!!!

    これまでに人類は幾度となく戦禍や大災害を乗り越えてきたんです!!!

    今回だって必ず乗り越えられる!!!

    これからも、うちらゴレンジャーができることを一つひとつやっていきましょーーー!!!(o^^o)

  2. まえっちさん!

    ほんとわたし達リアルで会ってませんでしたね笑
    とっても不思議な感覚です。
    コロナ禍であっても行動を起こすことができること、素晴らしい出会いができること、今の時代を捨てたもんじゃないですね!
    オンラインお食い初めも素晴らしい工夫です。
    我々も今後、更なる工夫で道を切り拓いていきましょう!!

  3. まえっちさん 

    大変な2020年だったと思いますが、「かけがえのない、大切な1年」と言い切れることがとっても素敵です!オンラインお食い初めも、今年の状況を反映した象徴的なイベントですね。

    コロナも収まらず、先が見えなくてネガティブになりがちですが、こういう時だからこそ、子どもたちの未来のために大人が新しい道を切り拓いていくことが大事ですよね。そうできる力があるはず。ホントそうだなと頷きながら読んでいました笑 
    まえっちさんの言葉を、そのまま我々ゴレンジャーのモットーにしたいくらいです!

  4. 前田さんのおっしゃるとおり、2020年は後世に語り継がれる年になることと思います。教科書にものるでしょう。

    「だからこそ、ネガティブなとらえ方ではなく、楽しい幸せな思い出の始まりの年にしたい。わが子が生まれた記念すべきこの年を。」という前田さんの思い、コロナ禍のキャッチフレーズにしたいですね。

    大変な年でしたが、コロナ禍だったから得られた大切なこと、価値ある事、幸せや楽しみはたくさんありましたよね。わたしにとって、みなさん5人をはじめとするパパ育児セラピストと出会えたことがそうです。コロナがなかったら、オンライン講座を立ち上げることはなかったでしょう。オンライン講座だったから、多くのパパたちが受講してくれたし、オンラインだったから、私たちは、全国大会でふたたび出会えました。

    2020年は、わたしにとって、間違いなくステキなことが始まった年です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA