11/27(土) 1日目・スキルアップ講座もご検討の方はこちら

 

自宅で会える! 地元で会える!

こんにちは!日本アタッチメント育児協会の廣島です。今年も、全国大会のお知らせをする季節がやってきました。時が経つのは、なんと早いことか・・・
昨年は、オンラインでの全国大会に初挑戦しました。良かったこともありましたし、反省もたくさんありました。今年は、それらすべてを活かして、あらたな「初」に挑戦したいと思います。

“東京”と“オンライン”と“各地のサテライト会場”を結ぶ「ハイブリッド開催」

あらゆる参加スタイルに対応するあらたな試み・・・

メイン会場は、東京です。“わたしたちがつくる学校”を、みなさんにお披露目する意味をこめて、「アタッチメント・アカデミア」でおこないます。

「参加するなら、対面でなきゃ!」という方は、ぜひアタッチメント・アカデミア(東京都文京区)にお越しください。個人的には、オンライン上でしかお会いできていない受講生の方々には、ぜひ対面でお会いしたいです。

昨年同様、オンライン参加も設けます。「東京までは、ちょっと足を運べない!」という方や、「子どもがいるから、出られない」という方は、場所の制約がないオンラインを! ダンナさんや奥さんが、全国大会に興味をしめしているなら、パソコンの向こうでご一緒に参加してもらえるのも、オンラインならでは。

初のこころみ1:ハイブリッド開催

hiroshima

対面の参加者と、オンラインの参加者が、同じ場に集うハイブリッドでおこないます。対面とオンラインの垣根なく、相互に話して、対話できるように工夫を凝らします。コロナ禍の情報番組のようなイメージです。

初のこころみ2:サテライト会場

hiroshima

さらにもうひとつの参加スタイル!各地に「サテライト会場」を設けます。イメージは、パブリックビューイング。でもそれだけではありません。対面参加者とオンライン参加者とサテライト参加者みんなが、ハイブリッドでつながって対話できます。24時間テレビで、全国の会場と、メイン会場がつながってるようなものをイメージしています。

まさに、空間を超えた全国大会

アフターコロナのあらたなスタイルを模索して

ハイブリッドって、そんなの、うまくいくの?そんな不安が頭をよぎります。正直に言いますと、イメージしていることが出来るのか、確証はありません。でも、やってみる価値はあると思うのです。いや、やってみなければならない!といった方がよいかもしれません。

「オンラインで会う」というリアルな体験

コロナを経験して、わたしたちには、これまでの常識の転換が起こりました。そのひとつが、「オンラインで会う」という経験ではないでしょうか。オンライン講座を受講された方は、実感されていると思います。

「会っていないのに、会って話した記憶として体験されている」

たとえば、わたしにとってのメンズ育児セラピストの5人。オンライン講座で会い、全国大会で会い、ZOOM会議で会い、座談会で会っています。すでに何度も会っている仲間。しかし、よく考えると、5人のうち誰ひとり、対面では会ったことがないのです。しかし、わたしの中に残る確かな記憶は、出会っているのです。

対面で会いたい欲求のめばえ

一方で、コロナ禍が長引くにつれて、「オンラインで会う」が頻繁になると、逆に「対面で会いたい欲求」が高まってはいないでしょうか。空間を超えるオンライン体験によって、ひととき「対面はいらないのでは?」という錯覚に陥りそうになりました。しかし、すぐにわれに返ります。「そんなはずはない!」

いま、確かにあるのは、「できれば、みなさんと対面で会いたい」という本音の欲求です。

これからは、対面とオンラインが同じ時空に集うハイブリッドの時代

「アタッチメント・アカデミア」では、すべての講座や授業をハイブリッドで提供する!ということを標榜しています。もちろん、すぐに実現できるわけではありません。

そうなれば、対面で受講したい時は対面に、自宅や仕事場から受けたいときはオンラインに、気分や状況に合わせて、いつでも自由に選べる。そのうえ、全国の人とつながれる。海外の人ともつながれる。地元の人ともつながれる。対面・オンライン関係なく、空間を超えた出会いが可能になる。

だからこそ、学びがもっと楽しく、もっと充実したものになる。

hiroshima

実現できるかどうかは、まだわかりません。ひとつ言えるのは、“きちんと”実現できれば、デメリットは一つもないということです。対面の人も、オンラインの人も、みんなが、広がった学びの場を享受できると思うのです。

さて、夢物語から現実に戻りましょう。
今年の全国大会は、そんな未来のカタチを、一足先に体験する機会になると思います。
それは、わたしにとっても、みなさんにとっても、「あたらしい体験」となるはずです。
その意味で、今年の全国大会は、くれぐれもお見逃しなく!と言いたいのです。
あなたに合った参加スタイルで、お会いしましょう!

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
代表理事廣島大三

2日目 シンポジウム

基調講演

アタッチメントの権威 遠藤先生に学ぶ
「乳幼児期におけるアタッチメントと非認知的な心の発達」

今年の全国大会シンポジウムは、先にもお伝えしたとおり「アタッチメント・アカデミア」のお披露目を兼ねています。コンセプトは「アタッチメントを伝える大人の学校」です。子育てや子育て支援、子どもの発達だけでなく、大人の発達、生き方、生涯発達といったテーマを、アタッチメントを軸に学ぶ場所です。

アタッチメント・アカデミアのお披露目で、何を発信しようかと考えたとき、最初に浮かんだのは、日本のアタッチメント研究の権威、遠藤利彦先生でした。

「その話、もっと聴きたい!」その思いを今年成就させたい

遠藤先生には、2017年の全国大会で講演していただきました。その講演のなかで、遠藤先生が「非認知スキルというのは、まさにアタッチメントです!」と言っていたことは、わたしには大きなインパクトでした。「この話、もっとつっこんで聞きたいなあ!」当時、そう強く思いました。このときの思いを節目の今年、成就させようと考えました。講演を依頼したところ、遠藤先生には快くお引き受けいただき、今回の講演が実現しました。

講演テーマは、「アタッチメントと非認知スキル」

 

そんなわけで、全国大会2021シンポジウムは、遠藤利彦先生の講演「乳幼児期におけるアタッチメントと非認知的な心の発達」からはじまります。このテーマで、アタッチメントと非認知スキルの関わりについて、じっくりと語っていただきます。

アタッチメントの権威は、これをどう料理するのか、いまからわたしも楽しみにしています。当協会でも、「あそび発達」の講座のなかで、このテーマに取り組んでいます。今回の遠藤先生のお話は、特に「ベビーキッズあそび発達」におけるわれわれの理解をさらに深め、内容を補完し、強い説得力を付け加えてくれるものになるはずです。同じことは、「発達支援」でも起こることです。

「子どもの有能性を見出す」コンセプトのその先!

 

さらに言いますと、今年のスキルアップ講座「アタッチメント・ペアレンティング」のコンセプト「子どもの有能性を見出す」、その核になるのが「アタッチメントと非認知スキル」です。その意味では、今回のスキルアップ講座をアップデートするきっかけがもらえる予感があります。そんな、(わたしの脳への)相乗効果も期待しています。

遠藤 利彦先生 プロフィール

東京大学教育学部卒業 東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学 博士(心理学)
現在 東京大学大学院教育学研究科教授
同附属発達保育実践政策学センター(Cedep)センター長
専門:発達心理学・感情心理学・進化心理学

【遠藤先生よりひとこと】
・特に親子関係・家族関係と子どもの社会情緒的発達との関連性に関心を持っています。

・赤ちゃんが特別な愛着を示す毛布、タオル、ぬいぐるみ等(漫画スヌーピーに登場するライナスが肌身離さず持ち歩いている毛布)の研究がきっかけでこの世界に入りました。

・これまで関東・関西地区の保育所の巡回相談活動、全国の保育士・幼稚園教諭および家裁調査官や児童相談所・乳児院・児童福祉施設職員等の研修などにも携わってきています。

主要著書等
『アタッチメント:生涯にわたる絆』(共編著)(ミネルヴァ書房, 2005)
『本当のかしこさとは何か:感情知性(EI)を育む心理学』(共編著)(誠信書房, 2015)
『アタッチメントとレジリエンスのあわい』(単著)(子どもの虐待とネグレクト,2016)
『赤ちゃんの発達とアタッチメント-乳児保育で大切にしたいこと-』(単著)(ひとなる書房, 2017)
『言葉・非認知的な心・学ぶ力』(共著)(中央法規, 2019)


優秀実践者による活動発表

身近な人の実践は、なによりも参考になる

いまは立派な活動をしている人も、最初は緊張してうまくできなくて、人が来なくて集客に迷った経験をもっています。そこからブレイクスルーがあって、教室が前進します。なにか、突飛なことや、必殺技を繰り出したわけではなく、当たり前のことを、普通にやってきた結果です。そうした実践者の発表を聴くことにで、自分の仕事や活動に何かしら取り入れることが出来たり、モチベーションが上がったり、参考にできたりします。
優秀実践者のみなさんには、ある共通することが一つあります。

『その人らしく‟光る思い“がある』

この人の“光る思い”はなにか?

どの事例も、身近な人の普通の活動なのだけど、”光る思い”によって、結果としてその人らしい活動として形になっています。そのような目で発表をみていただくと、ご自身の‟やっていること“や、”これからやりたいこと“につながる共通点や参考ポイントが、きっといくつも見つかると思います。今年も、お楽しみに!

おしゃべり&交流タイム

対面とオンラインをつなぐ「空間を超えたおしゃべりタイム」

交流してる画像

今年は、東京の本会場と、大阪・名古屋・福岡の地方会場、各地のサテライト会場、そしてオンライン会場をひとつにつないで、「おしゃべり&交流タイム」を過ごします。対面で集まっている場とオンラインの場が、相互に交流できる機会にしようと思います。

大切なことは、雑談のなかから生まれることが多い

お互い自己紹介したあとは、フリートークの時間です。お互いの近況や現場の話、雑談など、自由にお話しいただける時間を設けます。具体的にどういう形にするかは、当日の様子をみて決めようと思います。

今年もやります!お悩みスーパーバイズ

交流してる画像

同じメンバーで、ワークにも取り組んでもらおうと思っています。お題は、毎年恒例の「お悩みスーパーバイズ」です。どんな悩みでもかまいません。悩みを持ち寄って、グループでひとつ決めます。それについて発表してもらい、廣島のスーパーバイズのもと、みんなでその悩みについて考えます。 毎年、スゴイことに気づいたり、一歩が踏み出せたり、悩みの正体がわかったりと、おもしろいことが起こるので、わたしも楽しみにしている時間です。

シンポジウムは地方会場(大阪・名古屋・福岡)、サテライト会場(秋田、東京、神戸、広島、鹿児島、沖縄)、オンライン会場のいずれかからお選びいただけます。

地方会場サテライト会場

メイン会場のオンライン中継を交えた参加となります。 ワークなどは現地にてファシリテーターが対面で行います。

オンライン会場

zoomでご自宅からの参加となります。

詳しい場所はこちらからご覧ください>>


お申込みはこちら

今年度の受付は終了致しました

11/27(土) 1日目・スキルアップ講座もご検討の方はこちら

お電話:052-265-6526(平日9:00〜18:00)
メール:info@naik.jp

全国大会について、よくいただくご質問をまとめました。
詳しくはこちら

その他、ご不明点等ございましたら、事務局までお気軽にお問い合わせください。
お電話:052-265-6526
メール:こちらのフォームからお問い合わせいただけます

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒456-0002 愛知県名古屋市熱田区金山町1丁目13-14アールワン金山3F