受講生用申し込みページ

一般申し込みの方はこちら

心を癒すママケア

hiroshima

今年の全国大会の主役は「ママ」

「子ども」ではなく、「ママ」です。

これまでは、一貫して「子ども」に焦点を当て、発達や教育、子育て環境について考えてきました。主役は「子ども」であり「子どもの育ち」。そのための発達であり、教育であり、子育て環境なのは、間違いありません。

一方で、当の「子ども」や「子どもの育ち」にとって、最も重要で、影響力の大きな存在と言えば、「ママ」(母性的養育者)であります。これに異論を唱える方はいないでしょう。ママは、子どもの発達の立役者であり、教育の最高責任者(CEO)であり、子育て環境そのものです。

子育てが難しい時代

そんな「ママ」たちにとって、子育ては、困難の素であったり、悩みや不安の種であったりするのも事実です。現代は、紛れもなく「子育てが難しい時代」です。一昔前のママの比ではないでしょう。

ちょっと元気な子のママは、わが子は多動ではないか、発達障害ではないかと不安に駆られ、働くママは、会社では肩身がせまい、ママ友との付き合いはストレスしかない、保育園に入れようと思えば待機児童問題、そのほか幼児教室に習い事のお迎え、夫は帰りが遅いからワンオペ育児・・・。挙げだしたらキリがないくらい現代のママは、ストレスと先の見えない不安でいっぱいなのです。

子どもの育ちのために、ママを救え!

どうやら、本来の主役である「子どもの育ち」を保証するためには、こうしたママの不安とストレス問題を解決することが必要不可欠なようなのです。

そんな訳で、今年のテーマは「心を救うママケア」。

ママの心に生ずる不安やストレスを解消し、心を癒すために、支援者の我々は一体何が出来るのかを、みなさんと一緒に考えてみようと思います。

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
代表理事廣島大三

育児セラピスト前期課程(2級)をお持ちの方が対象です

1日目 スキルアップ資格講座

いま、子育てに『マインドフルネス』が欠かせない理由

子育て中のママが、子どもと接している時、あるいは夫婦関係の中で、ついつい生じてしまう怒りやイライラの感情に捉われてしまうことは、思った以上に多いと思います。こうした「捉われの感情」は、われわれが思っている以上に深刻にとらえなければならない問題です。この感情は、表に出せば自らの子育てにダメ出しをすることに繋がってしまいます。また、その場では抑えたとしても、その感情は蓄積され、やがて心の不調に繋がったりしてしまいます。

マインドフルネスは、子育てや夫婦関係で生じるこうした怒りやイライラの感情をリセットして、そうした感情に捉われにくいマインドを育ててくれます。それだけでなく、不安が消えない、心がモヤモヤする、やる気が起きないなどの「うつ」や「不安症」といった「心の不調」に対する心理療法としての役割も持っています。

ただ「やる」のではなく、理論や背景を知った上で取り組まないと、本当のマインドフルネスの真価は得らない

マインドフルネス

この講座は、そんなマインドフルネスの歴史、成り立ちと理論を学び、その上で、日常のセルフケアとして行うマインドフルネス実践法を学びます。マインドフルネスは、実践者の取り組み方の深さによって、内面で起きる心的作用や身体に起きる作用は違います。本講座では、マインドフルネス入門者から、真のマインドフルネス探究者までが、それぞれに取り組める内容になっています。

それは、メソッドもさることながら、理論の本質性を追求している点にあります。そのために、心理学や医学の心理療法的立場だけでなく、ヴェーダや禅といった哲学的な側面も学び、さらにアタッチメントとの関係性の中でマインドフルネスを理解することを試みたカリキュラムとしました。そうした理論と背景を学んだ上で、実際の実技メソッドを学びます。

実技メソッドは、「Begin(はじめる)」・「Do(続ける)」・「Enjoy(楽しむ)」という3つの段階を設定し、マインドフルネス入門者が、始めてみて、それを習慣化し、楽しみを見出せるように作っています。最初は覚えやすく、取り組みやすいものから始めます。次に、続けて習慣化するために、日常の生活や子育ての中で効果が実感できる、あるいは感情に対応できるような目的の明確なマインドフルネスに取り組みます。そして、最終的には、マインドフルネスを楽しむ姿勢が出来上がり、子育てを楽しく、人生を楽にしてくれる、なくてはならない日常の一部となることを目指します。

マインドフルネスで、子育てが楽しくなる、人生が楽になる

マインドフルネス

たとえば、『子育てマインドフルネス』の実践メソッドには、こういうのがあります。

●「子どもに『イラッ』として怒りが出てしまった時、我に返るマインドフルネス」
●「他の子とわが子を比べてしまう自分から離れるマインドフルネス」
●「夫婦喧嘩のあとに、相手への罪悪感と怒りが入り混じった、何かやり切れない気分をリセットするマインドフルネス」

どちらも、あとで冷静になると、自己嫌悪になったり、イヤな気分が残ったりするような場面で、よりマインドフルな自分でいることができます。

また、もう少し深刻な場面にも、マインドフルネスは対応しています。

マインドフルネス

●「なんか気分が落ち込んで、胸の中がモヤモヤして、やる気がしない」
●「子育てが不安で、自信がなくて、気分が滅入ってしまう」

といった、うつや不安症あるいはその一歩手前のような深刻な状態です。こういう場合、1回のアクションで片が付くわけではないので、何回かのステップで、ある程度日数をかけたマインドフルネスを行います。その手順や方法もきちんとあります。

これらは、ほんの一例ですが、マインドフルネスは、我々が生きていく中で生じる「心の揺れ」や「ざわめき」を鎮め、マインドフルな状態に導いてくれます。どれも、誰でもできて、自分だけで出来るものです。(もちろん、子どもと一緒にできるものもあります)

マインドフルネス

「心のあり様」を育て、深める

マインドフルネス

しかし、マインドフルネスにおいて重要なのは、これらの「やること」そのものではないと私は考えます。大事なのは、「心のあり様」です。どんな心のあり様を得たいのか、そのあり様を、どう育て、深めていくのか。それによって、私たちの人生は、より幸せに、より豊かなになります。

子育てする上で都合が良いという理由で、マインドフルネスをするのは、入り口としては、とても良い入り方です。「子どもを無暗に叱りたくない」そうした明確な目的意識は、続ける原動力になります。そうして、続けているうちに、いつしか当初の目的は当たり前に叶うようになります。その段階では、次の目的意識が育っています。例えば「子どもが憧れる母でいたい」こうして続けていくうちに、「心のあり様」が深まっていく。

How to やTo do を学ぶだけでは、それは起こりません。マインドフルネスの成り立ちや哲学を学び、その方法論を修める。その上で、「いまここ」の自分にとってのマインドフルネスは何か、それをどう育て、深めていきたいのかに目を向けることが重要です。

先生が、生徒といっしょに育ち、深めて行く

マインドフルネス

この講座では、その最終ゴールを「無用の(真の)マインドフルネス」と読んでいます。一切の目的を持たず、ただ「いまここ」にある自分を、観察し、終わりなくマインドを深め続ける。真の探究者たちが求めるマインドフルネスの姿と言えます。

まずは、ご自身で実践して、マインドフルネスを実感して、それから家族の方や友人、そしてまわりのお母さんへと伝える。インストラクター自らの実践なくしては、成り立たないのがマインドフルネスです。ただ、習って、伝えるのではなく、先生自身が日々実践し、深め、それを生徒にフィードバックする。その繰り返しを通して、先生も生徒も成熟したマインドを育てる。

人に伝えることで、自身のマインドフルネスは、さらなる深まりを見せます。そうして、このマインドフルネスが、みなさんにとって、子育てに限らず、人生を通して、一生涯つきあっていけるものとなる。それが、子育てマインドフルネスです。

マインドフルネスの本質を正しく追及し、信頼性をもって学んでいただくために

本物のマインドフルネスと呼べるものにするために、理論において主要な分野である「医学・臨床心理学」と、実践において主要な分野である「ヴェーダ・ヨーガ・瞑想」において、各分野の権威にそれぞれ監修をお願いしました。

「医学・臨床心理学」分野は、ストレス研究の権威であり日本ストレス学会理事、日本マインドフルネス学会監事で、早稲田大学人間科学部教授の野村 忍先生にお引き受けいただき、医学および心理療法の見地から監修いただきました。

マインドフルネス実践を含めた「ヴェーダ・ヨーガ・瞑想」分野は、クリシュナ・マチャリア・ヨガの正式指導者で、ヴェーダ・ヨーガ・瞑想の専門家の森田 尚子先生にお引き受けいただき、ヨーガ・ヴェーダの歴史から、マインドフルネス実践のメソッド製作・監修をお願いしました。

医学監修

野村忍教授

野村 忍 教授

早稲田大学人間科学学術院教授/医学博士

神戸大学医学部を卒業後、東京大学医学部心療内科で長年にわたり臨床研究に携わり、東京大学医学部心療内科助教授を経て、2000年より早稲田大学人間科学部教授となる。専門分野は、心身医学、行動医学、臨床心理学で、ストレスをテーマに医学、心理学からの研究を進めてきた。日本心身医学会理事、日本行動医学会前理事長・顧問、日本心理医療諸学会連合理事ほか役職多数。

ヨーガ・ヴェーダ監修

森田尚子先生

森田尚子 先生

インド政府公認ヨーガ指導者
クリシュナ・マチャリア ヨーガ正式指導者
ヴェーディック・チャンティング正式指導者
ヨーガスートラ講師

現代ヨーガの父クリシュナ・マチャリアの実孫カウストゥブ・デシカチャーより直接指導を受けた数少ない中のひとり。瞑想、ヨーガ、チャンティングの各種リトリートを主宰し、ヨーガ講師、経営者、アスリート、アーティストなど幅広く支持される。また、雑誌「Yogini」を手掛けるカリスマ・ヨガスタジオLotus8の指導者養成200時間のメイン講師も務める。

今でも、南インド・チェンナイのクリシュナ・マチャリアのヨーガ本校であるKrishnamacharya Healing & Yoga Foundation(KHYF)に毎年数回おもむき、ヴェーダ哲学、マントラ、ヨーガセラピー、アーユルヴェーダを追求、その修行時間は10,000時間を超える、ヴェーダ・ヨーガ・瞑想の求道者。ヨーガ実践者の参加も多いフリーダイビングの世界大会出場経験を持つ。

カリキュラム



・子育てマインドフルネス ・親として
・夫婦関係
・人生
・心理学 ・心の不調のメカニズム
・アタッチメントとマインドフルネス
・マインドフルネス概論 ・医学、臨床医学、脳科学
・ヨーガ・ヴェーダ















・Begin(入口)メソッド ・5つの瞑想法
(ヨーガ・マントラ・手当・イメージ・アーユルヴェーダ)
・Do(続ける)メソッド ・女を磨く
・子育ての悩み
・夫婦の悩み
・深刻な悩み
・Enjoy(楽しむ)メソッド ・癒しメソッド


・Be(ただ坐る)坐禅 Appreciate(気づく)瞑想
2日目 シンポジウム

東京会場・大阪会場
【対談企画】マインドフルネスは、ママを救えるか?

ヨーガ・ヴェーダ協会理事長・森田尚子氏

日本アタッチメント育児協会理事長・廣島 大三

今年のテーマは、「心を救うママケア」と題してマインドフルネスに注目しました。そこで今回は、マインドフルネスの専門家として、ヨーガ・ヴェーダ協会の代表であり、ヨガ、瞑想に精通し、スタジオLotus8で指導者養成も行っている森田尚子先生に出演いただき、廣島とマインドフルネス対談を繰り広げようと試みております。題して・・・

『マインドフルネスは、ママを救えるか?』

忙しいママが、悠長に瞑想とかヨガとかやってる時間はないのでは?そもそも、ママの抱える複雑な悩みや、深刻なストレス、体の疲れを解消するなんて、難しいのでは?

対談では、こうした誰もが持ってる、でも正面からは聞きにくい話題も展開します。また、一口にマインドフルネスと言っても、初心者から上級者まで様々。やる人によって、全く別の世界観が広がるのも、マインドフルネスの面白いところです。さらに、マインドフルネスをアタッチメントで解釈すると、どんな世界が広がるのか、それは子育てとどう繋がるのか。

こうした話題を、マインドフルネスの専門家である森田先生と、アタッチメントの専門家の廣島が、自由に放談します。

さらに話は深化して、真のマインドフルネスとは何か?

今回は、森田先生をお招きしていますので、マインドフルネスについて、少し突っ込んだ話も展開してみたいと思っています。

マインドフルネスは、もともと禅の修行における仏教瞑想に由来します。突き詰めると、心理療法やメンタルヘルスにとどまらず、豊かに生きる生き方や哲学にまで及びます。仏教では、真のマインドフルネスを、「無心」のマインドフルネスと表現したりします。一切の目的を持たず、期待もせず、ただそこにある満ち足りた状態に身を置く「悟り」の状態。まさに、仏教が目指すものそのもの。そんな真のマインドフルネスとは何か?ということにも触れてみようと思います。

子育てとマインドフルネスが出会ったら、スゴイことになるのではないか

子育てというのは、人間の活動の中では、ある種特殊な営みと言えるのではないでしょうか。われわれは、多くのことを、自分のために行います。そんなわれわれも、子育てにおいては、「自分」という存在を離れ、「わが子」のために行います。そこには、やらされ感や強制感はなく、ごく自然に、純粋に、わが子の幸せを自分の幸せと同化します。自分のことを差し置いても、子どもの幸せを心から願います。まさに仏教の「無心」と言えるかもしれません。

厳しい精神修行をしなくても、悟りの境地に達していなくとも、高い学識を身に付けていなくとも、親は、当たり前にわが子の幸せを心から純粋な気持ちで願います。それは、人間として、自然な姿であり、太古の昔から人間の営みとして続いてきたことです。

(現代は、これが自然に出来ない親が増えていることは問題なのですが、ここでは、自然の原理原則として、こういうことにしておきます。)

子育てにおける親の「純粋な思い」が、マインドフルネスと出会った時、そこには何か特別なものがあるのではないかと私は考えるのです。より純粋であり、満ち足りたもの、言い換えれば「真(無心)のマインドフルネス」になるのではないかと思うのです。そんあ、子育てにおけるマインドフルネスの可能性も語り尽くしてみたいと思います。

ただ聴くだけの場ではなく、体験の場でもあります

参加者ひとり一人が、対談を聞いてどう思ったか、何を感じたのか、そして、現場を思い浮かべて、ママたちの心をどのように癒してあげられるのか、あるいは、どんなことが妨げとなるのか、といったことを会場も交えて展開したいと思います。

さらに・・・今回は、せっかくヨガ瞑想の達人の森田先生に来てもらっていますので、みなさんに実際にマインドフルネスを体験していただくリトリート・セッションを予定しています。

▲ 南インドで修業されている森田先生です

さらに、大阪会場で参加希望の方には、朗報です。今回は、大阪会場にも森田先生に来ていただけることになりましたので、大阪会場でも、生対談&リトリート・セッションを体験いただけます。ぜひ楽しみにしてください!


優秀実践者の「生の声」と「体験談」は、「明日の自分」を見せてくれる

今年も、いろいろな現場の、さまざまな立場の方々が、優秀実践者として発表してくださいます。みなさんご自身の活動にそのまま重ね合わせることができる発表があったり、明日から使えるヒントを持ち帰ったり、一歩を踏み出す勇気をもらったり、やりがいを発見できたり、皆さんの活動を後押しする何かが、きっと得られます。

発表者の方たちも、みなさんと同様、最初は不安を抱えながら、ひっそりと、最初の一歩を踏み出しました。そこから、それぞれの物語が動き出し、現在に至っています。そして、これからも、物語は続いてゆきます。そんな方たちの物語を聴くことは、みなさんのヒントとなり、刺激となり、モチベーションとなることと思います。

新たな出会い、同期や講師との再会、全国大会の醍醐味「会うコミュニケーション」

目にも舌にも美味しい「3pmさんじ」さんのランチを食べながら、新しい仲間と語らい、一緒に学んだ仲間や教わった講師と思い出を語る場。それがランチ・ミーティング、全国大会の醍醐味の一つです。毎年ここから、勉強会や、コラボ企画が生まれたり、新しい仲間との交流が広がっています。今年は、どんなことが始まるのでしょうか!

昨年の大阪で大好評だった「スーパービジョン」!その場で、問題の本質を捉え、解決の方向性を、参加者全員で探るライブ感が魅力!

毎年、グループワークを行っているのですが、今年は少し趣向を変えたチャレンジングな試みを予定しています。それが「スーパービジョン」。昨年の全国大会・大阪会場で試験的に取り入れてみたところ、非常に好評で、アンケートでも、多くの方から「役に立った!」という感想をいただきました。

そこで今年は、東京・大阪の両会場で、スーパービジョンを行います。グループごとに、現在抱える問題(問題の種類は問いません)を挙げます。スーパーバイザーは、その問題の本質を探り、会場全員に働きかけながら、ライブで問題解決の方向性を見つけます。

スーパービジョンでは、他の参加者からの先行事例を発掘し、他業界からの意見や経験を聞き、さらにスーパーバイザーの知見や解釈を通して、現場で即活用できる答えや策を得ることができます。その過程で起こるライブのやりとりが、スーパービジョンの醍醐味です。

スーパーバイザーは、当協会代表の廣島が務めます。

一般申し込みの方はこちら

受講料/参加費

1日目:子育てマインドフルネス・インストラクター講座

東京:10/20(土)
大阪:11/10(土)

【正規受講費用】
受 講 料:185,760円(税込)

48%OFF

【0期 特別受講費用】
受 講 料:97,200円(税込)

※ 資格申請時に、認定申請料10,800円が別途必要となります。


2日目シンポジウム(一般参加費10,800円)に無料ご招待

2日目:シンポジウムのみ参加

東京:10/21(日)
大阪:11/11(日)

一般参加費:10,800円(税込) 特別参加費: 3,240円(税込)

お申込み

大阪会場
2018年11月10日(土)11日(日)

<アクセス>
■阪急「梅田駅」茶屋町口より徒歩5分
■地下鉄「中津駅」4番出口より徒歩5分
■JR「大阪駅」より徒歩10分
■地下鉄「梅田駅」より徒歩10分

東京会場
2018年10月20日(土)10月21日(日)

淑徳大学 短期大学部 4・5号館
〒174-0063 東京都板橋区前野町2-29-3

今年度の受付は終了いたしました!

<アクセス>
■「ときわ台駅」北口より、
「赤羽駅西口行き」に乗車
バス停「前野小学校」にて下車
■JR「赤羽駅」西口より
「ときわ台駅行き」に乗車
「前野小学校」にて下車後、徒歩1分

最近、全国的にホテルの予約が取りにくくなっております。昨年もお部屋がとれず、困られた方が多くいらっしゃいました。ご宿泊予定の方は、お早目にご宿泊先予約されることをおすすめ致します。 ご宿泊先のご案内はこちら

全国大会2日目「シンポジウム」には、ご同僚、ご友人をお誘いいただけます。

当協会のインストラクター、育児セラピストの皆様の、職場のご同僚やご友人も、全国大会2日目のシンポジウムに、一緒にご参加いただくことが出来ます。
その際、通常、一般参加者の方の参加費は「10,800円(税込)」でございますが、皆さまの同伴者の方には、特別に、受講生特別参加費「 3,240円(税込)」で、ご参加いただくことができます!
もし皆さまの周りで、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、是非ご一緒にご来場くださいませ。お申込みご希望の場合は、下記まで、「ご紹介者様のお名前・お電話番号」「同伴者様のお名前・お住まいの都道府県」をご連絡くださいませ。

お電話:052-265-6526(平日9:00〜18:00)
メール:info@naik.jp

全国大会について、よくいただくご質問をまとめました。
詳しくはこちら

その他、ご不明点等ございましたら、事務局までお気軽にお問い合わせください。
お電話:052-265-6526
メール:こちらのフォームからお問い合わせいただけます

無料で資料をお届けいたします

資料のご請求はこちら 

お問い合わせはこちら

資格講座に関する疑問点や不安点など、お気軽にご相談くださいませ。

 お電話でのお問い合わせ

052-265-6526(9時から18時) [土日祝除く]

 メールでのお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせいただけます 

一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山 2-15-14 パックス金山4階