【スタッフの呟き92】端午の節句

こんにちは。
スタッフの梅原です。
今年のゴールデンウィークは、久しぶりに福島の実家に帰省しました。
そこで数年ぶりに、大好きなものを食べることができました。
それは、呼び方は同じでも地域によって形や味が違うもののようなのですが・・・

それは、「ちまき」です!

名古屋で食べている「ちまき」は、細長く、ツルっとしたお餅なのですが、福島(伊達市)のちまきは、形は、中華ちまきのように三角で、中身も、おはぎのようにもち米の粒が残ったお餅です。それに、きな粉をつけて食べます。とても美味しいんですよ!

同じ「ちまき」でも地域によって、形も味も全然ちがうって、おもしろいですね。
皆さんは、どんな「ちまき」を食べていますか?

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ